創価学会と日蓮仏法と活動

雅彦と申します。元バリ活の自分が創価学会や宗門、日蓮仏法について思う事を書いていきます。長年、創価学会が唯一正しいと信じ込んできました。非活になり先入観なしに考えられるようになりました。信仰とは何か?組織とは何か?どう関わるべきか?全てを総括したいと思います。書きたいテーマが山ほどありますので、随時更新していく予定です。気になる記事があれば、お気軽にコメントして下さい、答えられる範囲で回答致します。

カテゴリ: 牧口会長・戸田会長

創価は絶対平和主義を唱えている。戸田会長が提唱した『原水爆禁止宣言』は創価内では有名であり、これが淵源とされているほど重要視されている。

ところが、牧口会長の著作『価値論』の中に気になる記述がある。
科学が純粋の真理を求めつつ、しかも討究して得られた定理が人間の幸福生活へ実践行動化すると同様に、この宗教も純粋なる生命哲理を最高へと組み立てつつ、その最高無上の定理は人間の幸福生活への実践として行動化されているのである。譬えば、原子核の分裂と云う事は今の科学に於いては最高のものであるが、この原子核分裂の定理は単なる学問として止まるものに非ずして、平和を守るための原子爆弾として行動化されている。

(戸田城聖補訂版『価値論』「第5章 価値の系統」「第6節 宗教と科学・道徳及び教育との関係」から)
驚いたことに『平和を守るための原子爆弾』という、およそ仏教徒の発想とは思えない主張がなされているのだ。

牧口会長が戦時中に原子爆弾の情報を持っていたとは到底考えられない。となれば、この部分は戦後に補訂版を作成するときに、付け加えられた文であると推測できる。どうやら戸田会長の『科学と宗教』という論文の内容が付与されたようである。これは大白蓮華(1953年7月10日)の巻頭言に『科学と宗教(二)』として寄稿された文章と一致するので間違いないようだ。

ということは戸田会長は、原子爆弾が平和を守る為の役割を担うと考えていた時期があったことを示唆している。原爆が広島・長崎と二発も投下された後にこのような見解を持っていたとは驚きである。これにより日本が無条件降伏をしたため戦争が早く終わって平和が訪れたという意味なのだろうか。或いは、いわゆる『核の抑止力』で核保有国同士の均衡を保つという意味だろうか。

この見解から、年を経て、やがて1957年の『原水爆禁止宣言』での
たとえ、ある国が原子爆弾を用いて世界を征服しようとも、その民族、それを使用したものは悪魔であり、魔物である
「核兵器の使用は絶対悪である」という発言に変化していく。これは明らかに正反対の主張である。

戸田会長の平和思想とは実際にはどのようなものだったのだろうか。今後の更なる研究を待ちたい。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

創価は、機関誌や対談や講演など至る所で、牧口会長の事を「反戦の闘士」「人権の闘士」「反権力の象徴」と喧伝しているが。実際の、戦時中の牧口(戸田)会長の戦争観はどうだったのだろうか。果たして、創価が主張するような反戦主義者だったのだろうか。反権力の闘士だったのだろうか。

単純な「反戦」ではない

戸田会長の小説『人間革命』で牧口会長の戦争観を表現しているシーンがある。
「二十三日の午後、巖さんの家で、森田正一の歓送会が開かれた。牧口常三郎は{略}祝いの席の正座に赤襷をかけて坐っている正一に向かって口を開いた。「森田君、しっかりやってきて下さい。日本の兵隊は勇敢だ。米太平洋艦隊や英国の極東艦隊の主力を全滅させたのは、勿論、作戦も巧妙であったろうが、搭乗員たちが勇敢で、敵の防禦砲火をものともしないで突っ込んだからであろう。しかし、緒戦の華々しい戦果で安心できる日本じゃない。いや、日本は危ない!」」「 立ち上がりの一突きで、相手が土俵を割って、それで勝負がつくのは、国技館の相撲だ。死命を制するまで闘争を繰返すことになると、全体の力がものをいう。緒戦の戦果に安心できない所以だし、この牧口の眼には、華々しい戦果に酔って、早くも、国民の間に、米英を見縊る傾向が現れたのが映っている!」
「国家諫暁だね。陛下に広宣流布の事を申し上げなければ日本は勝たないよ。これを御本山に奏請して、東京僧俗一体の上に国家諫暁をしなければ国はつぶれるよ。並大抵でない時に生まれ合わしたね」
(『戸田城聖全集』昭和40年発行版)

また、一人息子の牧口洋三氏が戦死したとき
「びっくりしたよ。がっかりもしたよ。洋三戦死の御文、病死ニアラズ、君国ノタメニ戦死ダケ。名誉トアキラメテ唯ダ冥福ヲ祈ル。信仰が一ばん大切ですよ。百年前、及びその後の学者共が、望んで手を着けない『価値論』を私が著し、而も上は法華経の信仰に結びつけ、下、数千人に実証したのを見て、自分ながら驚いて居る。これ故、三障四魔が奮起するのは当然で、経文の通りです」
と君国の為の名誉の戦死だと誇っているのである。

調べれば調べるほど。牧口会長の戦争観は、このように『単純な反戦』ではないことがわかる。

単純な「反権力」でもない

同様に『単純な反権力』でもない。かつて牧口会長は、政府の治安機関と連携し赤化教員(共産党系)を転向する活動を行っていた。権力側と連携して弾圧の一翼を担っていたのである。この時の赤化教員の逮捕理由が治安維持法違反であるのは言うまでもない。そうして赤化教員を転向させて創価教育学会に引き入れていたのである。

創価の宣伝に都合良く利用

このような事実を無視して『永遠の師匠』としての理想的なイメージを作り上げるのはどうかと思う。それでは『創価の宣伝に都合の良い人物』として利用しているに過ぎない。牧口常三郎という人物をかえって矮小化しているのである。

「人間・牧口常三郎」の実像を

牧口会長は、「認識なくして評価なし」という言葉を残しているが、その人の発言・行動・著作などを丁寧に調べて、本当の人物像を追及しなくてはならない。そうしないと、その人の思想・哲学を本当の意味で理解したことにはならない。いまこそ真摯な姿勢で実像を追及すべきではないだろうか。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ