創価学会と日蓮仏法と活動

雅彦と申します。元バリ活の自分が創価学会や宗門、日蓮仏法について思う事を書いていきます。長年、創価学会が唯一正しいと信じ込んできました。非活になり先入観なしに考えられるようになりました。信仰とは何か?組織とは何か?どう関わるべきか?全てを総括したいと思います。書きたいテーマが山ほどありますので、随時更新していく予定です。気になる記事があれば、お気軽にコメントして下さい、答えられる範囲で回答致します。

カテゴリ: 池田絶対主義

以前の記事で査問などの証拠が出てきていないと指摘したが、ついに公に世に出てきた。埼玉の(元)創価会員の篠澤協司氏のホームページ『創価学会埼玉県審査会及び創価学会監正審査会との文書往復の全記録』を参照されたい。ここに詳しい経緯と、創価組織から送付された書類、篠澤氏から提出した書類が全て載っている。

なお、篠澤氏はTwitterでハメル准将というハンドルネームで活動されている。こちらでも詳しい経緯が載っている。

経緯を簡単に辿ると、池田名誉会長の平和思想をベースに検討した結果、安保法案は間違っているとの結論に達したこと。安保法案に反対の意向を創価組織に明言したこと。以後、公明党の支援を一切しないことを明言したこと。その影響で、正役職の地区部長の役職を解任されたこと。某三人組と行動を連携したこと。ネット上で創価執行部を批判したこと。ついに副役職も解任されたこと。反乱分子(『反創価学会』)として扱われたこと。地元組織から何度も事情聴取されたこと。自主退会を暗に促されたがキッパリと拒否したこと。これらにより最終的には除名処分を受けたとのことである。

思考停止をやめた結果

最後の感想で篠澤氏はこう述懐している「ことの発端は、思考停止をやめただけです。正しい基準のもと、自分の頭で考え始めただけでした。」これは極めて重要だろう。かつては創価組織からの上意下達の打ち出しをこなすだけの『ものを考えない人』であった。そこから覚醒した。創価中央組織は目覚めた人が多くなれば困る。容易に会員をコントロールできなくなるからだ。故に、そのような人の発言・行動に圧力をかけ除こうとする。

独善的で閉鎖的な組織

創価組織は、いつも『対話が大事』『対話の団体』だと対話を強調しているが、組織の中で、異なる意見を言う人を片っ端から査問し排除するようでは「言ってる事とやってる事が違う」ではないか。これでは独善的で閉鎖的な組織運営だという他ない。

同志(同じ組織で同じ教義の者)の意見すら徹底排除するような組織が、どうやって外部の人達・考え方や信奉する宗教の違う人達と対話が出来るというのか。「一丈のほりを・こへぬもの 十丈・二十丈のほりを・こふべきか」と仰せの通りである。協調など出来るはずもない。これのどこが『開かれた組織』なのだろうか。

組織の打ち出しに疑問を持ち、反対意見を挙げる人を片っ端から反乱分子(『反創価学会』)とみなし排除していく。このような実態を見ると、かつてのキリスト教カトリックの異端審問を想起するのは私だけだろうか。

本来ならば、問題意識をもって、堂々と改善提案をする人達こそ大切にすべきではないのか。そのような人達を排除していけば、従順に従うだけのイエスマンしか残らないではないか。そんな画一的な組織に何の魅力があるのだろう。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

某三人組と支持する方々、宿坊の掲示板に集まる人達など、いわゆる「池田絶対主義者」と呼ばれる人達なのだが、彼らは「現執行部の運営実態は池田先生の意に反していて間違った方向に進んでいる。それに気付いて声を上げる人達を排除している」だの、「処分された」だの、「査問された」だの、「役職解任された」だの、「除名された・強制退会させられた」だの、いかに現執行部と幹部連中が排他的な姿勢かを訴えているのだが、

しかしながら、それらの証拠が何一つ出てこないのが不思議である。それだけ多くの被害の実体験があるのならば、誰か一人ぐらい、事の経緯を録音や録画した証拠データが出てきても良さそうなのに、今まで誰一人として信用に足る証拠が出てきてないのである。これでは、彼らが主張している内容が本当だとしても、一般会員には信じて貰えないだろう。誰の目にも明らかな証拠が無いと効果が無い。

その証拠を満天下に知らしめて、一般会員がその実態を知ったときこそ、今まで組織に盲従していた人達が目覚めるのだろう。その為には、まずは確実な証拠を固めることから始めないとならない。その証拠の積み重ねが大きな説得力になる。

それまでの間は、創価組織と会員の人達からみれば、彼らは単なる「先生が精魂込めて作り上げた広布の組織を壊そうとする内部退転者」という扱いである。いくら池田名誉会長の過去の発言を根拠に自分たちの正当性を主張しても聞き入れて貰えないだろう。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

某三人組や宿坊の掲示板で頻繁に繰り返される執行部批判。現執行部を『この一凶』と断じて諸悪の根源のように徹底批判しているが、本当にそうなのだろうか。

現在の創価を作り上げたのは池田名誉会長

2010年以降表に出なくなった池田名誉会長。その時期より前に体制を戻せばバラ色の創価になるとでも思っているらしいが、池田名誉会長が表に出ていた時期も問題は山ほどあったのだ。会員の重い負担、新聞の多部購読、無冠の友と呼ばれる新聞配達の負担、チケットや書籍の担当負担、選挙活動、財務負担、集金負担、今と何も変わらないではないか。そもそも、このように会員に重いノルマ負担を強いる創価組織を作り上げたのが池田名誉会長なのである。

公明党を結党して会員に選挙支援活動をさせたり、巨大な本部組織群を作って、その周りに外郭団体を数多く設立して、肥大化させて、その運営維持のために会員に重いノルマ負担を強いる組織を作り上げたのは他ならぬ池田名誉会長その人なのだ。

その現実に見向きもせずに池田絶対主義者達は、まるで2010年以前は創価が『理想の楽園』だったかのような主張をしているのである。頭の中がお花畑すぎて痛々しい限りである。

仮に体制が入れ替わっても

仮の話だが、このような主張をする人達が『創価の組織革命』によって創価の実権を握ったとすると、その体制はやはり同じような会員の重いノルマ負担の元に構成される組織運営になるのだ。本質的には何も変わらないのである。

彼らの思想は「池田先生の指揮時代が絶対的に正しい」「その時代は会員が幸せだった」ありきなのである。ここに根本的な間違いがあるのだ。そこを根本にするから、今の重いノルマ負担を現執行のせいにしたり、何でもかんでも現執行部が悪いことにしないと都合が悪くなるのである。その一方で少しでも池田名誉会長に関して都合の悪い情報が出てくると『シャッター』を下ろして絶対に受け入れようとしない。彼らは教条主義的な傾向が非常に強いのである。

本質的な組織改善を

美化された偶像を追い求めても虚しいだけである。池田名誉会長の実像を真摯に追及し、ありのままの『人間・池田大作』を直視して欲しい。組織改革を望むのならば末端会員の負担を減らしてあげる方向で最善を考えるべきだ。本当の意味での組織改善を目指して欲しいものである。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

元本部職員の方々である。思想的には池田絶対主義者とでも言うべき人達である。現在の活動までの経緯を丁寧に読んでみた。

確たる証拠が出てこない

彼らの主張している内容は嘘ではないと思うが、証拠の音声テープや映像があれば確実なのだが、それを出せないのは残念である、また彼らの主張に同調する人達も「査問された」「いじめられた」等々、これも同じように証拠が無いのが残念である。なぜ誰一人証拠を出せないのだろうか。不思議である。

創価内部からの情報発信の意義

現在の創価の問題点の認識としては非常に参考になる。

実名と顔を公表してメディアにも何度も出ている点、定期的に各地を転々として座談会を丁寧に行ってる点、動機が純粋な点を考慮して、ある種の期待を込めて応援をしたい気持ちもある。さすがに創価内部からの組織改革実現とまではいかないだろうが、組織内部からの情報発信としての役割を期待している。

カンパ依存には疑問

ただし、ちゃんと各々仕事をして、借金をしないようにすべきだ。『創価改革』の美名を掲げれば、無職でも、カンパ生活しても許される、という考えには全く賛同できない。

「創価改革」のビジョンが不明

そもそも、その掲げている『創価改革』のビジョンが見えない。「池田先生のご了承を取っていない」などを理由に、現執行部の退陣を要求してるが、では退陣後の創価体制はどのように変貌するのか、その具体的な内容が明示されていないのだ。

これでは単に首をすげ替えただけのように見える。現在の創価組織と末端会員の負担に関してどう考えてるのか。聖教などの多部購読、配達員の負担、民音や書籍担当の負担、信濃町詣で、選挙活動屋、このあたりに関しての現状認識と改善策、『創価改革』後の組織体制のビジョンの全容を語って欲しいものである。

人間・池田大作を追及すべき

池田名誉会長には光も影もある。限定された映像や情報だけでは正当な判断は出来ない。光も影も全部を総合して公平な人物評価ができるのである。どうか彼らには『人間・池田大作』を追及して欲しいものだ。池田名誉会長がこれまで行ってきた事の中には、間違いも数多くあるだろう。その現実を受け入れて、根本的な改善の発想を持つことを切に願う。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

宿坊の掲示板に集まる人達について、いわば『池田原理主義者』とでも言うべき人達である。池田名誉会長が絶対的に正しいと信じて疑わない。当該掲示板では、池田名誉会長に関しての批判は一切受け付けられない。そのような投稿をすれば、即座に住民総出で猛反発される。

特に宿坊に常駐する連中は教条主義的な傾向が強い。現執行部が池田名誉会長の意思に反して、間違った方向に運営されているという主張をしている。そして毎日のように現執行部批判が繰り返されている。日々、執行部の揚げ足ばかり投稿してるだけである。

情報の出所も不確かで妄想の類を出ないものが多すぎる。伝聞ばかりで証拠として信用に足りるべきものが一切出てこないのだ。こんな情報を信用しろという方が無理がある。(だが、ごく稀に重要な内部情報が投稿されるケースもあるので完全否定はしないでおく)

都合の悪い投稿は削除

それに対して、自分たちに都合の悪い批判・反論投稿は悉く削除しているのだ。いわば言論統制をやっているのである。批判している対象と同じ類のことをやっているのである。ネットの世界でさえ自由な議論を拒否してる状態なのだ。自分達の主張に同調する人しか認められない。こんな連中が現実を改革など出来るはずもない。何事も成せないだろう。

偶像崇拝と同じ

池田名誉会長には光も影もある。限定された映像や情報では正しい判断ができない。光も影も全部を総合して公平な人物評価ができるのである。綺麗な部分だけを美化して、それを絶対的なものとして固執してるのは偶像崇拝と変わらない。現在の創価の『永遠の師匠』と同じ偶像崇拝である。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ