創価学会と日蓮仏法と活動

雅彦と申します。元バリ活の自分が創価学会や宗門、日蓮仏法について思う事を書いていきます。長年、創価学会が唯一正しいと信じ込んできました。非活になり先入観なしに考えられるようになりました。信仰とは何か?組織とは何か?どう関わるべきか?全てを総括したいと思います。書きたいテーマが山ほどありますので、随時更新していく予定です。気になる記事があれば、お気軽にコメントして下さい、答えられる範囲で回答致します。

カテゴリ: 宗門

(まだメモ書き段階)

今までの検証記事を整理すると、戒壇本尊は大聖人御在世、日興上人の時代には存在しなかったと断じる他ない。つまり後の世に創作されたものである。

大石寺は、これに唯授一人の血脈相承の独自教義を展開し、『戒壇本尊の内証』と同じ内証を法主が受け継いだと主張している、こんなものを日蓮仏法と言い張るのは無理がある。

純粋な日蓮仏法の上に、大石寺系の戒壇本尊と法主御内証の教義を無理矢理に捻じ込んだものになっている。これは日蓮大聖人の仏法を歪めているという他ない。

大聖人は「うるし千ばいに蟹の足一つ入れたらんが如し」と仰せである。これほど法に厳格な方なのだ。戒壇本尊・法主内証という己義をどれほど嘆いておられるだろうか。




ただし、私は大石寺の教義全てを否定しているのではない。例えば、御義口伝は、以前に記事でも書いたが、コアな部分は『大聖人の法華経講義』を受け継いでいると認識している。

富士門流、なかんずく大石寺流の教義には、大聖人の仏法を純粋に守り伝えようとした部分と、自山の正当性・優位性を主張する為に、後の世に創作された部分がある。これらが入り混じった珠玉混合の状態なのだ。

日蓮仏法の信徒ならば、純粋な大聖人の教えを求めるべきである。後世の創作に惑わされてはならない。徹底的に真偽を検証し抜くべきである。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


『御本尊七箇相承』は日興上人の言葉とされている。師匠である大聖人から御本尊について教わったことを後世に代々伝える為に、七箇相承という形で残されたということである。

では日興上人は御本尊七箇相承の通りに書写されたのだろうか。それは当然だろう。まさか御本人がこの形式を守らないはずがない。

ところが、気になる書写本尊が幾つか散見されるのだ。実際に見ていきたい。

南無妙法蓮華経の下に『日蓮聖人』

以下は、山梨正法寺に格蔵されている日興上人書写の正応年間、御本尊の座配である。
正法寺格蔵の日興曼荼羅の座配
(興風談所「日興上人御本尊集」より)

御本尊七箇相承には
「日蓮在御判と嫡々代々と書くべしとの給ふ事如何、師の曰く深秘なり代々の聖人悉く日蓮なりと申す意なり。」
と記述されている。「『日蓮在御判』と嫡々代々と書きなさい」と大聖人が「深秘なり」と仰せなのだ。

ところが、この日興上人書写の御本尊では、南無妙法蓮華経の下に『日蓮聖人』となっているではないか。これはどうしたことだろうか。何とこの他にも日蓮聖人と書かれた御本尊が2体ある(讃岐本門寺に格蔵の正応3年10月18日、宮城上行寺に格蔵の正応5年10月13日)


「仏滅度後二千二百三十余年」の讃文が無い

以下は、新潟世尊寺に格蔵されている日興上人書写の正和三年二月十三日、御本尊の座配である。
新潟世尊寺
(興風談所「日興上人御本尊集」より)

御本尊七箇相承には
「師の曰はく仏滅度後二千二百三十余年の間・一閻浮提の内・未曾有の大曼荼羅なりと遊ばさるる儘書写し奉るこそ御本尊書写にてはあらめ、之を略し奉る事大僻見不相伝の至極なり」
と記述されている。師(=大聖人のこと)曰く、もしもこの讃文を略すことがあれば「大僻見不相伝の至極なり」とまで厳しく訓戒されているのだ。

ところが、この日興上人書写の御本尊では、この「仏滅度後二千二百三十余年の間~」という讃文が略されているのだ。これは一体どういうことなのだろうか。あろうことか日興上人が「大僻見不相伝の至極」の行いをしているのである。

讃文に関しては、この他にも『仏滅度後』ではなく『仏滅後』や『如来滅後』と書いた本尊も散見される。


「有供養者福過十号」と「若悩乱者頭破七分」が無い

以下は、宮城上行寺に格蔵されている日興上人書写の弘安十年十月十三日、御本尊の座配である。
宮城上行寺
(興風談所「日興上人御本尊集」より)

御本尊七箇相承には
「上行無辺行と持国と浄行・安立行と毘沙門との間には・若悩乱者頭破七分・有供養者福過十号と之を書く可し、経中の明文等心に任す可きか」
と記述されている。

ところが、この日興上人書写の御本尊で、両肩の部分には「有供養者福過十号」と「若悩乱者頭破七分」という文章がどこにも存在しない。「経中の明文等心に任す可きか」の御指南に反しているではないか。


御本尊七箇相承は果たして

日興上人は、大聖人の教えを誰よりも厳格に貫かれた方である。もしも大聖人が御本尊書写に関して『御本尊七箇相承』のようなルールを作られていたのならば、それを一つも漏れずに全ての御本尊書写に於いて厳守されたはずである。

だが実際にはそうされていないことから、日興上人の時代には御本尊七箇相承のようなルールは存在しなかったと判断すべきだ。つまり日興上人の言葉でも何でもない後世に創作された相伝書であろう。

別記事にて、その違いを指摘させて貰ったが、法主の書写こそ、大御本尊(ここでは、大聖人の御真筆をそのまま模刻したと仮定しておく)と比べれば、勧請諸尊も、讃文も、字体も、大きさも、文字の間隔も、悉く違っているではないか。余りにも大きな改変だろう。

果たして、これが『正しい相貌』と言えるのだろうか。「御本尊の相貌は仏様の姿そのもの」ではなかったのか。それをここまで改変するとはどういう了見なのだろう。大聖人の許可なく勝手に相貌を改変しているのだ。このようなことが許されるのだろうか。これが『許容範囲』とでも言うつもりだろうか。「(御法主猊下には、特別な御内証が備わっているのだから)仏様の姿でも、部分的になら改変しても構わない」とでも答えるつもりだろうか。

ただ法主の座にあるというだけで、彼等の書写本尊を有難がる信者の思考が理解できない。

しかも、その法主書写本尊をコピーして一般信徒に配布して、それを御形木本尊として自宅の仏壇に祀っているのだ。つまりは大幅改変+コピー御本尊なのである。

信徒は、この御本尊に対して本心から「日蓮がたましひをすみにそめながして・かきて候ぞ信じさせ給へ」と仰せのように、大聖人の魂が宿っていると思えるだろうか。

誤解なきように説明しておくが、私は大聖人が顕された御本尊に於いて、勧請された諸尊の座配や、脇書き、讃文、を尊重すべきと考える。それが誰の書写であったとしても。決して不敬すべきではない。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

宗門の歴代法主による書写本尊は、全てが戒壇本尊というただ一つの本尊を、その戒壇本尊の相貌を書写したとされているが、これは本当なのだろうか。

多すぎる相違点

結論から言うと、形木本尊(法主直筆の曼荼羅を印刷したもの)は、戒壇本尊(板曼荼羅)を書写したものではない。相貌が違っているのだ。

歴代の法主の書写本尊と、戒壇本尊の写真を参考に比較してみたい。

日寛師

創価が用いている本尊、日寛師が享保5年に書写した略式本尊と比べてみる。相貌が全く一致していない。勧請された諸尊が大幅に減っていたりと似ても似つかない。

日如法主

日如法主の平成18年日付の書写本尊と比べてみる。形木本尊に記されている「有供養者福過十号」「若悩乱者頭破七分」といった文言が戒壇本尊には記されていないし、形木本尊の讃文は「仏滅後二千二百三十余年」であるのに対し、戒壇本尊では「二千二百二十余年」となっている。 その他、勧請の諸尊の相違も指摘できる。たとえば、戒壇本尊では「釈提桓因大王」と記されているが、形木本尊では「帝釈天王」となっている。

日達法主

日達法主の昭和41年日付の書写本尊と比べてみると、やはり帝釈と書かれている。讃文も違う。福過十号と頭破七分がある。更に、妙楽・龍樹が勧請されていない。

日顕法主

日顕法主の昭和54年日付の書写本尊(導師本尊)には、天照大神・八幡大菩薩の代わりに閻魔法皇・五道冥官が勧請されている。これは戒壇本尊にも、大聖人直筆本尊にも一度も勧請されたことがない。何という大胆不敵なアレンジであろうか。

なお彼の書写本尊は、ある年代日付では釈提桓因大王と記されているが、別の年代日付では帝釈天王となっていたり、妙楽・龍樹が勧請されていたり、いなかったりと書写の年代日付ごとに相貌が違っている。同じ戒壇本尊を書写してるという設定なのに、一人の法主が、書写する度に相貌が変わっているのだ。


このように、幾つか挙げてみたが他にも枚挙に遑がない。これらの矛盾は一体どういうことなのだろうか。


苦しい言い訳

宗門ではこれを「万年の流通においては、一器の水を一器に移す如く、唯授一人の血脈相伝においてのみ本尊の深義が相伝されるのである。したがって、文永・建治・弘安も、略式・広式の如何を問わず、時の血脈の法主上人の認可せられるところ、すべては根本の大御本尊の絶待妙義に通ずる即身成仏現当二世の本尊なのである」と説明している。

「代々の御法主上人は、その相伝の権能のうえに本門戒壇の大御本尊の御内証を書写しているのです」と主張している。

要するに「血脈相伝を受けた法主が認可すれば、その書写した本尊は戒壇の大御本尊に通じる」という趣旨なのだが、何とも理解し難い説明である。

「法主は戒壇本尊を精神的に書写をしているのだから、物理的に相貌が一致していないのは問題ではない」とでもいうのだろうか。ここまで来ると、まるでトリックアートの世界である。

常識的に考えて、こんな説明で納得できる人はいないだろう。

正確に書写する気など

これらを整理してみると、彼らには戒壇本尊の相貌を、寸分違わず正確に書写しようという姿勢など微塵もないと言わざるを得ない。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

宗門の一般信徒に下付されるのはコピー御本尊である。時の法主が、このコピー御本尊に対して開眼供養することによって草木成仏が起こると主張している。この儀式をしないと魔に入られて『魔の本尊』になってしまうという。では宗門の僧侶や法華講員が主張している開眼供養・開眼の法義とは、一体どのような儀式なのだろうか。正直に言ってサッパリ想像がつかない。

「仏の心法を入れる」とは、具体的に何をするのだ。法主が、コピー御本尊に向かって、手から念力でも発するのだろうか。その瞬間にピカっと光って草木成仏が起こるというのだろうか。何故に時の法主しか出来ないという設定なのか。法主を引き継いだ瞬間に奥義を会得するのだろうか。宗門の歴史上では『稚児法主』という幼い子供法主が数名存在したが、この幼い子供が法主になった瞬間に開眼供養の奥義を会得したとでもいうのか。法主の『御内証』には、そのような神秘的な能力が備わっているというのだろうか。

しかし、ちょっと待って欲しい、大聖人は「利根と通力とにはよるべからず」と仰せである。法主しか出来ない超能力的な「法主による開眼供養」などに頼るのは明らかに違背していないだろうか。

そもそも御書には、「御本尊への開眼供養の具体的なやり方」の記述が一切ない。大御本尊に関する記述も一切ない。『唯受一人血脈』だの『法体の血脈』だの一切ない。

後世になって大石寺系が独自資料を作って、それを基に創作しているに過ぎない。それらは文献学的にも科学的にも全く証明されていない。

開眼供養は大聖人のみ

大聖人は、木絵二像開眼之事の中で「法華を心得たる人・木絵二像を開眼供養せざれば家に主のなきに盗人が入り人の死するに其の身に鬼神入るが如し」と仰せである。この『法華を心得たる人』とは大聖人に他ならない。大聖人が自ら顕された御本尊(つまり真筆)こそ「日蓮がたましひをすみにそめながして・かきて候ぞ信じさせ給へ、仏の御意は法華経なり日蓮が・たましひは南無妙法蓮華経に・すぎたるはなし」と仰せのように、開眼供養をなされたものだ。

大聖人が、御本尊の開眼供養を他人に行わせた、という御書の記述も歴史上の記録も一切ない。

法主が特別な存在へと神格化

宗門の人に尋ねたい。一体「御本尊に対する開眼供養の具体的なやり方・その資格を有する条件」が御書の何処に書いてあるのか教えて欲しいものだ。答えれるはずがない。

信徒側からすれば、法主抜きでは、開眼供養した本尊『正しい御本尊』が下付されないのだから『正しい信仰』が成立しなくなる。

そして、ここに特権が生じる。法主だけが特別な存在になってしまうのだ。無謬性を与えてしまう。

信徒達は、このような伝説を無条件に信じるから『おすがり信仰』に陥りやすくなる。『僧侶が上、信徒が下』になりやすいのだ。

創価のバリ活の人達が、創価組織そのものと、偶像化された『永遠の師匠』を妄信するのと同じ構図である。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

宗門の僧侶や法華講の人達は、創価のコピー本尊を「カラーコピー本尊だ!」「ニセ本尊だ!」と執拗に攻撃し続けている。しかし実は、正宗の一般信徒に下付される形木用御本尊もコピー御本尊なのである。具体的には、法主が御形木本尊用に書写した御本尊があり、それをコピー(印刷)したものを一般信徒に配っているのである。

法華講の一般信徒は、自分達もコピー御本尊でありながら、どうして創価のコピー御本尊を執拗に攻撃するのだろうか。傍から見ていて理解に苦しむ所である。

大石寺第26世日寛師。江戸時代の大哲学者と言えよう。六巻抄の深さ。日蓮正宗にはこれほどの大碩学を生む素地があったのだ。日興上人が起こした富士門流はやはり偉大である。

三重秘伝鈔
「三世間とは五陰と衆生と国土となり。五陰とは色・受・想・行・識なり、言う所の陰とは正しく九界に約し、善法を陰蓋するが故に陰と名づくるなり、是れは因に就いて名を得。又陰は是れ積聚なり、生死重沓す、故に陰と名づく、是れは果に就いて名を得。若し仏界に約せば常楽重沓し、慈悲覆蓋するが故なり。次ぎに衆生世間とは十界通じて衆生と名づくるなり、五陰仮に和合するを名づけて衆生と曰うなり、仏界は是れ尊極の衆生なり。故に大論に曰わく、「衆生の無上なるは仏是れなり」と。豈凡下に同じからんや云云」
五陰を『陰蓋』覆い隠すという意味と、『積聚』積み集まるという意味と二重に解釈されている。その上で、善法を陰蓋する因の面、この場合、生死重沓、生死の苦悶が重なると拝すれば良いのだろうか。一方で、仏界に約せば慈悲覆蓋という果の面、これを常楽重沓と表現されている。よって因果に即して配されている。日蓮仏法は従果向因である。日寛師はこの従果向因の観点からこの文を用いられているのだろう。

何と深い洞察なのだろうか。大聖人の仏法の偉大さをよく顕されている。

日寛師が偉大な点は「我等この本尊を信受し、南無妙法蓮華経と唱え奉れば、我が身即ち一念三千の本尊、連祖聖人なり」と大聖人と我々凡夫との隔絶を取り除いた点であろう。日蓮仏法の解説者としては最適者であった。

諸法実相抄に「仏に三徳をかふらせ奉るは凡夫なり」と仰せの通り、我々凡夫こそが無作三身(法身・報身・応身)をそなえた仏の実体である。

当時の大石寺は体系化した教義が確立しきってなかった。日寛師が、大聖人が末法の教主であり、末法の仏である事を明確にした功績は極めて大きい。


以下は当体義抄文段である
一、本地難思・境智冥合・本有無作の当体蓮華等文。
 即ちこれ、文底秘沈の妙法、我等が旦暮に行ずる所の妙法なり。迹門は開三顕一の妙法、文の妙法、熟益の妙法なり。本門は開近顕遠の妙法、義の妙法、脱益の妙法なり。文底は本地難思の境智の妙法、意の妙法、下種の妙法なり。当に知るべし、迹門は華の如く、本門は蓮の如く、文底は種子の如きなり云云。「本地難思」等とは、総勘文抄に云く「釈迦如来・五百塵点劫の当初・凡夫にて御坐せし時我が身は地水火風空なりと知しめして即座に悟を開き給いき」云云。下の文に云く「地水火風空とは即ち妙法蓮華経なり」云云。五百塵点劫の当初なり、故に本地という。「知」とはこれ能証の智なり。「我が身」等とは所証の境なり。故に「境智」という。我が身即ち地水火風・妙法蓮華とは、即ちこれ本有無作の当体蓮華なり。是の如く境智冥合して、本有無作の当体蓮華を証得する故に、「即座開悟」というなり。当に知るべし、「凡夫」とは即ち名字即、これ位妙なり。「知」の一字は能証の智、即ちこれ智妙なり。以信代慧の故に、またこれ信心なり。信心はこれ唱題の始めなるが故に、始めを挙げて後を摂す。故に行妙を兼ぬるなり。故に知んぬ、我が身は地水火風空の妙法蓮華経と知しめして、南無妙法蓮華経と唱えたまわんことを。即ちこれ行妙なり。「我が身」等はこれ境妙なり。この境智行位は即ちこれ本因妙なり。「即座開悟」は即ちこれ本果妙なり。これ即ち種家の本因・本果なり。譬えば蓮の種子の中に華・菓を具するが如きなり。当に知るべし、前には一念の心法に約して境妙を明かし、今は本有の五大に約して境妙を明かすなり。心に即して色、色に即して心なり。人法体一の本尊これを思え。 
言うまでもなく、本地難思・境智冥合・本有無作の当体蓮華とは、南無妙法蓮華経のことであるが、この妙法の当体を、まず本地を尋ね、境智の二法から論じ、本有無作と開くのである。
日寛師は、本因妙・本果妙。因果俱時。人法体一の本尊まで解釈している。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

宗門の歴史を地道に調べているが、分裂あり、蓮蔵坊紛争等あり、稚児法主あり、要法寺系の影響あり、等々。とにかく紆余曲折な経緯があってややこしい。とてもじゃないが『富士の清流』などと呼べたものでは無いことは確かであろう。こんなことは本来、歴史学者や文献学者や資料好きな連中に任せておけば良いのだが、なぜ自分で調べる必要があるかというと、宗門の資料が大聖人の言葉や思想を正しく伝えてるかどうか疑問視されるものが数多くあるからである。典型的なのは産湯相承事など、まさに疑わしいものの代表で、こういうのを鵜呑みにして、大聖人の言葉として拝するわけにはいかない。だからといって逆に全部を偽所扱いするのも極端である。例えば御義口伝は大聖人の仏法思想が凝縮されたものだろうと推測される。

要するに、大聖人の言葉・仏法思想を正しく伝えている部分と、宗門が保身の為に、後の世に創作したり加筆された疑いが濃厚な部分が混在していると思われるのである。二箇相承や日興跡条々事などの諸資料の真偽など。

大御本尊の真偽問題も宗門側が調査に協力しない現在では永遠に解決しない可能性もある。宗門が根拠としている資料はどれも文献学的には認められていないのである。宗門側の信徒は「疑いなく信じるのが大事、信心によって導かれる」などと主張するが、このような大事な事は客観的な資料を元に慎重に考察を進めることが必要だと思われる。

結局は、現在明らかになっている文献学的な見地を元に、自分自身で一つ一つの資料を確認しながら判断していくしかない。というのが現状であろう。

私は、日興上人が大聖人の仏法思想を最も正しく受け継いでいると認識している。「日興上人御自身が確かに書いたと判断して間違いないだろう」というものを確認する事が肝要だと考える。この時点では『富士の清流』だったのだろう。ただし、それ以降が非常に不透明で解釈が難しい時代へと突入していったように思える。

それでも私は一人の日蓮仏法の信者として大聖人の御言葉を純粋に求めたい。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

産湯相承事という御書に関して。
内容を簡単に説明すると。大聖人の出産に関しての記載がある御書である。大聖人の御母上が出産の前夜に夢を見られたそうである。富士山の頂きに登って、その時に見渡した周囲の景色は、ただの風景ではなく過去・現在・未来を明らかにするようなものであったらしい。そこに梵天・帝釈・四大天王等の諸天善神が集まって、本地は久遠元初の自受用報身如来が、垂迹の姿を顕し、上行菩薩の御身として凡夫の中に誕生される夢を見られたそうである。
この先も、神秘的な展開が続くのだが、この御書を拝読すると、どうも違和感を覚えるのだ。他の御書から共通して読み取れる大聖人の仏法思想と違うものを感じる。どうも神格化させようとする意図を感じるのだが。「日蓮は日本国東夷東条安房国、海辺の旃陀羅が子なり」と『東夷』の漁師の子として生まれたことを堂々と主張された大聖人の言葉と同じとは思えないのだ。また、大聖人の御母上が出産前の時点でここまで明確な仏法用語を理解していたというのも大いに違和感がある。

日興上人への口伝とは到底思えない。これをそのまま大聖人の言葉として受け止めるのは無理がある。後世において、宗門が創作した物語としか思えないのである。(本因妙抄や百六箇抄は内容的には創作では無いと思うが。ただし一部では加筆で創作部分もあると推測する。)

唯授一人血脈相承で法主に無謬性を与え。大御本尊が全ての『御本尊の大本』と説き、そこを本門の戒壇と位置づけ、全ては一大秘法たる本門の本尊に集約されると説く。信徒は、このような教義を無条件に受け入れなきゃならない。この辺が信徒が『おすがり信仰』に陥りやすくなる要員だろう。

大聖人の仏法を信奉する人が、特定の宗教組織によって縛られる構図、これに強い違和感を覚える。大聖人の仏法はそのようなものではない。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

日蓮仏法を信奉する、日本でも有数の巨大な寺院組織である。

何といっても活動の目玉は支部総登山である。支部の住職を筆頭に所属する法華講が参加する支部総出の団体登山ツアーである。「本門戒壇の大御本尊様と御法主上人猊下がいらっしゃる最も清浄な場所」らしい。登山することは、過去からの罪障を消し徳を積んで幸せになれる修行だと主張する。そして唯授一人血脈相承の御法主上人から有難いお話を聞けるのである。
宗門側は、南条殿御返事の「参詣遥かに中絶せり。急ぎ急ぎに来臨を企つべし」という御書の文言を根拠に総登山の重要性を主張しているが、大聖人御在世の場所は身延の事であり、南条などの有力な檀徒は直接大聖人に合って指導を受ける立場であった為に身延に行く意味があったのである(また、来臨という言葉を門下に対して使われるのも違和感があるが)。
一般の法華講員は総登山に何度も参加して頑張らねばならない為に負担が大きい。「当支部は誓願達成まで、あと〇〇%です」とノルマが厳しいのである。

巨大な僧侶組織を維持するだけで負担が大きい。登山費用に、各種御供養(塔婆代や、永代回向料、過去帳冥加料、納骨冥加料)に、日蓮仏法の信仰を深める為に、こんなものが必要とされているのである。ただ僧侶を養ってるだけの制度である。

登山に、御供養に、僧侶の御説法、こんなものが果たして広宣流布に必須なのであろうか?こんな環境だと『僧侶が上、信徒が下』に陥りやすいのは当然だろう。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ