創価学会と日蓮仏法と活動

雅彦と申します。元バリ活の自分が創価学会や宗門、日蓮仏法について思う事を書いていきます。長年、創価学会が唯一正しいと信じ込んできました。非活になり先入観なしに考えられるようになりました。信仰とは何か?組織とは何か?どう関わるべきか?全てを総括したいと思います。書きたいテーマが山ほどありますので、随時更新していく予定です。気になる記事があれば、お気軽にコメントして下さい、答えられる範囲で回答致します。

カテゴリ: 創価の教義

創価は2014年に大きな会則変更を行い、大石寺の大御本尊を受持の対象から外し、他にも御祈念文の変更等々を行ってきた。この先、創価の教義変更はどこまで進めるつもりなのか?創価大学の宮田教授を本部教学室アドバイザーに迎えているが、現状を見る限り、彼のアドバイス通りに進んでるように見える。

宮田氏は、大聖人が末法の本仏であることを否定し、上行菩薩として認識している。大御本尊が日蓮真筆であることを否定している。

宮田氏の論文を読むと、彼の見解では、釈迦本尊も許容されるらしいが、その根拠は、日蓮遺文には釈迦像を用いることを咎める箇所がないからだそうだ。(さすがに創価の教義変更が一気にここまで進むとは思わないが)。

宮田氏は、御義口伝や御講聞書を後世の偽作として全面的に排除する見解みたいだが、将来はこのような教義変更になるのだろうか。(有名な「一念に億劫の辛労を尽せば本来無作の三身念念に起るなり」も御義口伝の一節である)

久遠元初、久遠元初の自受用報身如来、この教学的な概念はどうなるのだろうか?創価の現時点の教義では『永遠の仏』と解釈されている。これは久遠元初なのか、違うのかハッキリしない。

『人法一箇』はどうなるのか。大聖人を人本尊として認識するのか否か。(御義口伝に、「人法之れ有り人とは釈尊に帰命し奉るなり法とは法華経に帰命し奉るなり」、とある)

日寛教学を、ある部分は用い、ある部分は捨てるそうだが、その切り分けの境界線も明示されていない。(創価にとって都合の良い部分だけを利用するつもりだろうが。)

今こそ創価の会員の方々は、自分達の『信仰の核心部分』に対して変更が行われようとしてる事を認識し、御書の研鑽に邁進し、これらの核心部分に対する確固たる教学を打ち立てて欲しいと切に願う。

このテーマは非常に重要であるので、私も思索を続けながら随時更新していきたい。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

現在の学会が組織信仰に陥っている最たる象徴である。『組織そのものが仏』など、究極の無謬性である。組織そのものに無謬性が与えられてしまうと、会長や執行部がどんな間違った方向に舵を切っても「創価学会仏は、仏意仏勅の正当な教団であるから正しいのだ」となり、もはや軌道修正することが不可能になる。

日興上人は

日興上人が富士門流『大石寺仏』と呼ぶような指導をされた事が一度でもあっただろうか?そんな事があるはずがなく、日興遺誡置文に「時の貫主たりと雖も仏法に相違して己義を構へば之を用ふべからざる事」「衆議為りと雖も仏法に相違有らば貫首之を摧く可き事」と訓戒されている。つまり将来、法主や、法主以外の執行部達が間違った方向に行く可能性も考慮されているのだ。「組織そのものを仏とする」ことが、どれほど危険なことか熟知されておられたのだろう。

創価の勝手な解釈

ちなみに法華経で、『組織そのものを仏』として授記された記述など無い。創価の説明によると、常不軽菩薩品に説かれている威音王仏を組織仏として独自解釈してるようだ。しかし、このような見解は経文の裏付けが全く無い。創価の勝手な解釈なのは明白である。

御書にも記述がない

創価は常に『御書根本』と主張しているが、大聖人の御書が根本というのならば「組織そのものが仏」と述べられた箇所が御書のどこに記されているのか、会員に向けて明示しなければならない。(当然ながら、そんな箇所はあるはずが無い)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

創価学会の2014年の会則変更に関して。気になる点を幾つか挙げてみたい。

弘安2年の大御本尊を『受持しない』と変更した点。今までの歴代会長の発言との矛盾をどう説明するのだろうか。現在までの所、全く答えれていない。本尊とは信仰の根本である、日蓮仏法に於いては受持即観心であるから、それを『受持しない』となれば、仏界を湧現出来ないのに等しい。

もう一点は、日寛教学の見直しも図るらしいが、どこまでを引用して、どこから切り捨てるか明示されていない。

一番の問題点は、それに疑問を抱く学会員が余りにも少なすぎる事である。今まで池田名誉会長や戸田会長や様々な機関誌で教えられた内容と矛盾するのに、それに対して何の反応もせずに素直に受け入れてしまっている点が残念である。自分の信仰の根幹部分が勝手に変更されているのに、それを何とも思わないのだろうか。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ