創価学会と日蓮仏法と活動

雅彦と申します。元バリ活の自分が創価学会や宗門、日蓮仏法について思う事を書いていきます。長年、創価学会が唯一正しいと信じ込んできました。非活になり先入観なしに考えられるようになりました。信仰とは何か?組織とは何か?どう関わるべきか?全てを総括したいと思います。書きたいテーマが山ほどありますので、随時更新していく予定です。気になる記事があれば、お気軽にコメントして下さい、答えられる範囲で回答致します。

カテゴリ: 創宗

かつて創価学会が宗門の外護団体であった頃、私も何度も大石寺の総登山に参加したものである。正本堂の中に入るのに長時間、長蛇の列に並んで大変だったのを覚えている。腹が減ったので道中の飲食店で腹ごなしの為に入ると何処も混んでいて食事すら時間がかかったほど賑わっていた。それほど常に大石寺は信者で溢れかえっており、創価組織あげて総登山を支えていたのである。

今思えば何故頻繁に登山に熱心だったのか思い出せないが、当時は登山し大御本尊を拝することが重要だと指導されていたのだろう。特に疑問にも思わずに純粋に従っていた。

大誓堂詣で、聖地巡礼化

その後、宗門と創価は完全に敵対して、創価のイベントに登山は無くなったのだが、今の創価は信濃町詣で、大誓堂詣でが盛んらしい。全国から活動家達が地区単位のローテーションで担当を決めてやって来るようだ。

そして建物の中に入り、勤行をする際に、スピーカーから流れてくる『永遠の師匠』の録音の声を聞いて「先生と呼吸を合わせて勤行が出来た」と感動するのである。大誓堂での用事が済んだ後は、他の会館に立ち寄ったり、創価グッズを扱うショップでお土産や記念品を購入したりする。そうして地元の組織戻ると、さぞや素敵な福運を積んできたかのような扱いを受ける。

2017年に制定された創価の会憲でも「世界の会員は、国籍や老若男女を問わず、『大誓堂』に集い来り」と大誓堂が信仰の中心道場として明記されている。もはやエルサレムやメッカ詣でと同じ聖地巡礼化しているのだ。

宗門批判の内容がそのまま当てはまる

かつて創価は「どこか特定の場所に参拝しなければ成仏できないという日顕宗のような誤った考えは大聖人の御本意ではありません」と宗門を痛烈に批判していたが、その創価自身が『特定の参詣場所』を作り出しているのである。

日蓮仏法には、どこか特定の場所に行かなければ成仏できない、という教えは無い。大聖人は「法華経を持ち奉処を当詣道場と云うなり此を去って. 彼に行くには非ざるなり」「今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る者の住処は山谷曠野皆寂光土なり此れを道場と云うなり」と仰せである。自分がいるその場所が仏道修行の場であり寂光土なのである。

宗門と決別した創価は「魂の独立を果たした」と吹聴しているが、やってる事の本質は宗門と何ら変わらないのである。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

創価組織・創価バリ活の人達が『仏敵』と認定する『日顕宗』とは具体的に何を指してるのだろうか、その批判内容は適切なのだろうか。考察してみた。

日顕氏が現役の猊座に就いていた時代、1991年に創価が破門されて宗門と袂を分かっていった。それから、互いに泥沼の闘争が始まるのである。創価側は宗門への攻撃の正当性を持たせる為に、日顕氏を諸悪の根源と位置付け、その体制下にある宗門を『日顕宗』と命名したのである。要するに「富士の清流である日蓮正宗が日顕一派によって乗っ取られて堕落してしまった」という主張で攻撃を開始していったのだ。

あえて命名するならば「日寛宗」

仮にも『宗』という命名をするのだから、それまでの日蓮正宗と大きく異なる独自の教義を用いてなければ辻褄が合わないはずなのだが、日顕氏の時代に宗門が教義の大幅な変更を加えた事実はない。あくまで日蓮正宗が伝統的に受け継がれてきた教義を踏襲しているだけである。それを『日顕宗』と一方的に命名して批判するのは辻褄が合わないだろう。

創価が批判している『唯授一人の血脈相承』にしても、或いは創価の会則変更の時に、宗門の大御本尊の分身散体の教義を批判していたが、それらの教義を確立したのは江戸時代の日寛師である。どうしても命名したいのならば『日寛宗』と命名しなければならないだろう。

しかし、創価が『日寛宗』などと主張して攻撃できるはずがない。自分達も日寛師の教義に依存しているのだから、そんなことをすれば正当性が全く保てないからである。だから日顕氏がトップであった体制下の宗門を『日顕宗』と命名して攻撃の材料にするしか無かったのだろう。それから長い年月が経過して現在は日如法主の時代に体制が変わっている。だが創価は日如法主体制の宗門も同様に『日顕宗』と決めつけて攻撃の対象にしているのである。この流れでいくと、次の法主になっても同様の手口で批判を繰り返すのだろう。

日顕氏の指導者としての資質

私は日顕氏が行ったことは日蓮仏法の指導者としては失格であると思っている。信徒の真心の供養で建立された正本堂を何の説明もなしに解体したこと。創価の一般会員ごと大勢を破門したこと(池田名誉会長への扱いに関しては個人的な事であるので言及は避ける)。これらは紛れもない破和合僧の所業であろう。およそ褒められた指導者では無い。

再び僧俗和合への道を

だからといって『日顕宗』とレッテルを張り宗門の教義ごと変更があったかのように批判し攻撃するのは適切な対処では無いだろう。むしろ考えるべきは「再び僧俗和合するにはどうしたら良いか」という事だと思う。会則の見直しや体制刷新など、お互いに大改革を行って組織改善をし、信徒同志が手を取り合って歩む道を模索して欲しい。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

仏教史観を語る。1977(昭和52)年1月15日関西戸田記念講堂で行われた、池田会長の講演であるが。 池田会長は、その中で概要として、
・現代において創価学会は在家、出家の両方に通ずる役割を果たしていると言える
・在家の身でありながら供養を受けられる
・創価も出世間の自覚がある
・学会の会館・研修所もまた「近代における寺院」である
という主張をした。

これが創宗問題の発端だと言われているが、確かに、この内容を見れば、僧侶の役割は必要ないように解釈も出来よう。そうなると宗門の価値というのが不必要に思えてくる。このような講演を行うと、宗門の猛烈な反発は予想できそうだが、何故、この時期に、このような講演を行ったのか?

海外の広宣流布を視野に入れての長年温めてきた構想だったのだろうか?あの有名なハワイレポートもそう遠くない時期に報告されたというが。海外布教を考えた時に、在家中心の必要性を強く感じたのだろうか?

創価学会と宗門の争い。同じ大石寺系なのに骨肉の争いを繰り返している。厳密に言えば、これに顕正会や正信会も入って来るが。何故に、これほど激しく争うのだろうか?

今もあるブログ(創価学会員による創価ダメ出しブログ)の中で、大御本尊に関しての言い争いが勃発している。元々は同じ教義解釈なのに、現在、かくも醜い争いを繰り返してる様を見ると本当に悲しくなる。

法華講側のブログを見ていると「ニセ本尊の謗法の創価学会から、正宗に御受戒を受けさせて、正法に目覚めさせ救済することが出来ました」という記事をよく見る。単に内輪で移動してるだけに見える。

創価側は、未だに『日顕宗』などと名前を付けて執拗に批判し続けている。とうの昔に日顕法主から日如法主に変わっているのだ。しかも、宗門の教義のどこにも『日顕宗』の要素は記述されていない。宗門の発行する機関誌の一部を切り取って、それを根拠にしてるのである。

破門騒動以来、こんな不毛な争いを20年以上も続けている。更に今後も延々と争い続けるのかと思うと暗澹たる思いをする。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ