創価学会と日蓮仏法と活動

雅彦と申します。元バリ活の自分が創価学会や宗門、日蓮仏法について思う事を書いていきます。長年、創価学会が唯一正しいと信じ込んできました。非活になり先入観なしに考えられるようになりました。信仰とは何か?組織とは何か?どう関わるべきか?全てを総括したいと思います。書きたいテーマが山ほどありますので、随時更新していく予定です。気になる記事があれば、お気軽にコメントして下さい、答えられる範囲で回答致します。

カテゴリ: 池田名誉会長

以前の記事で『私の人間学』の紹介をしたが、その中の三国志の章にて、諸葛孔明の北伐に関して、このように論評されている。

孔明は兵力、兵站の充実に努め、北伐への準備を進める。しかし、蜀の多くの重臣達は、現実の安定に甘んじ戦を嫌っていた。

(中略)

なぜ孔明が、この時期、多大な犠牲を覚悟の上で、魏との戦を決意したのか。それは、魏がますます力を増し、蜀を狙っていることを、既に見抜いていたからである。従って、自分の存命中に、先手を打っておかなければ、必ず魏は蜀を打ち滅ぼすに違いないと先を見通していたのである。いつの時代でも、責任深き指導者にしかわからない胸中の苦悩があるが、「出師の表」には、時代の先を知悉できるがゆえの孔明の悲痛なまでの背水の覚悟が行間に脈打っている。

(中略)

折しも蜀の国は、孔明の賢明な内政の実を得て安定に向かっていたが、その過程のなかで、重臣達の心はいつしか保守化し、次第にみずみずしい前進の息吹を失い、堕落と衰退の翳りが見え始めた時であった。

「出師の表」は、こうした蜀に巣くう安逸と惰性を打ち破り、創業の大理想に立ち返り、宮中府一体となって士風を一変し、国の危機を救わんとの孔明の強靭な一念から発した建白の書であった。

このように、
・孔明=善、心ある忠臣、深謀遠慮の将
・北伐=国を救う正義の戦
・それに反対する臣下達=悪、保身、堕落、衰退の象徴
という非常にわかりやすい構図に落とし込んで論評されている。

まるで、戦いをしない事は国の退潮につながり、戦に賛成しない重臣たちは保身の塊であり、安逸と惰性を貪る悪臣であると決めつけているのだ。

私は昔から池田思想を信奉していた為、この論評をそのまま鵜呑みにしていた。だが、最近になって三国志を深く検証するに従い、違和感を覚えるようになった。


類似した構図

この切り口を鑑みるに、創価の戦いを想起させる。創価も常に『正義の戦い』を強調してきた。「勝って勝って、勝ちまくれ!勝利、勝利の創価学会たれ!」と。

そして組織の打ち出し通りに戦わない人や、選挙支援活動や各種の購買ノルマに対して否定的な人、反対意見を挙げる人に対して「浅薄な連中が反対意見を唱えているが、池田先生や執行部のような責任ある指導者しかわからない構想がある。安易に批判すれば良いものではない」と同じように否定してきた。


北伐は本当に正しかったのか

そもそも大前提として、孔明の北伐自体を検証する必要がある。本当に北伐が正しかったのだろうか。

まず、西蜀という地域は元々、劉璋が治める州であった。その治世下では(他州に比べて)比較的に平和であった。それを劉備が軍事侵攻で奪い取ったのである。

『三国志演義』では、劉璋が、政治を投げ出し、民を顧みず安逸を貪るダメ君主のように描かれている。それを徳ある名君・劉備が悪政を立て直す為に止むを得ず侵略するという脚色がなされている。しかし『正史』では、劉璋は民想いの善良な君主であることが示唆されている。

劉備の統治下では、荊州出身の群臣や将軍達が重要なポジションを占めた。元々の西蜀の群臣達は従うしかなかった。

そもそも西蜀の民は戦争を望んでいなかった、西蜀の群臣たちも望んでいなかった。しかし劉備らの唱える『漢室再興』の美名の元に数々の大戦に従うしかなかった。反対すれば処刑されたり左遷されるだけである。なお劉備の皇帝即位に反対した者は(他のことにかこつけて)悉く処刑・左遷された。

諸葛孔明の時代になり、北伐に反対したものも同じく排除された。三国志演義によって、北伐=正義の戦に仕立てあげられているのだ。しかし、元々の西蜀の民から見れば、この北伐は今まで劉璋が統治していた時代に比べて、重い税負担、北伐の最前線への兵役、と苦難の連続である。

池田名誉会長には、この蜀の民の視点に立った発想が抜けていると言わざるを得ない。『正義の戦』の為ならば、それが国の将来を救う為なのだから、民の犠牲は止むを得ないという考えなのだろう。長年にわたって「聖戦の美名の元に民衆が犠牲になっては決してならない」「一人の民衆の為に」と指導してきた人とは思えない。

結果的に、この北伐は失敗に終わり、数次に及ぶ北伐の結果、膨大な国費が消耗され、蜀の国力が大きく疲弊してしまったことは覆せない事実である。諸葛亮亡き後も、姜維が北伐路線を引き継ぐことになるが同じく成果は上がらず、ここに国力の大半を費やしてしまった為、やがて蜀の国は滅亡してしまう。

そもそも、蜀の国を守る為ならば、北伐の必要は無かった。嶮峻な山脈という天然の要害に守られており、防衛に徹すれば、いくら魏が強大であっても易々と攻略されるようなことは有り得ない。危険なのは蜀の東側、つまり荊州側からの侵攻であるが、それは呉との同盟を盤石にし続ければ問題は無い。つまり北伐ではなく呉との同盟維持に努め、漢中での防衛強化に注力すべきであった。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

池田名誉会長の著書『私の人間学』。エッセイ集とも随筆集というべき本である。三国志や武田信玄・トルストイの『戦争や平和』・ゲーテの『ファウスト』・平家物語などをテーマにして、指導者論や幸福論・生命論・文化論・師弟論などが幅広く述べられている。

昔から私の愛読書だった。

池田名誉会長の著作は読んでいて非常にわかりやすい。切れ味が非常に鋭い。善と悪をハッキリと区別しわかりやすい構図に落とし込む。つまり、一方を善と認定すれば他方を悪とする。ある失敗の結果に対して必ず教訓的な原因を明言している。

私は、バリ活の頃は池田思想を信奉していた。故にこの本の見解を100%取り入れていた。だが、最近読み直してみると別の観点からの考察もあるのではないかと思うようになった。

特に武田信玄の跡継ぎである武田勝頼に対する見解と、三国志の諸葛孔明の北伐への見解である。
(長くなりそうなので別記事にてまとめる予定)



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

かつて池田名誉会長は『無冠の友』配達員へ激励のメッセージを贈った。

広宣流布のための「破邪顕正の活字文化」――「聖教新聞」を配っておられる“無冠の友”の皆さまこそ「最高の正義の人」である。
「聖教新聞」の配達には、それ自体、折伏に通ずる功徳が現れる。永遠の生命から見れば、絶対に「勝利者」となる。究極的な幸福境涯となることは間違いない。
「配達即折伏」「配達即広宣流布」「配達即友好活動」「配達即拡大」である。
どうか“無冠の友”の皆さまは、お体を大切にしていただきたい。寝不足にならないよう、聡明に工夫しながら、「絶対無事故」でお願い申し上げたい。
「無冠即無事故」「無冠即健康」「無冠即長寿」「無冠即福徳」であれと、私も妻も、毎日、真剣に祈っている。
(『池田大作全集』第92巻所収)

これを読んで『違和感』を抱いたのは、果たして私だけだろうか。池田名誉会長は『会員の配達ありき』が大前提の発想なのである。

過酷な配達環境

これを書いた名誉会長は、真冬の北海道や東北での配達がどれほど危険かわかってるのだろうか?

配達作業で一番厳しい環境が、冬の北陸・東北・北海道の朝の配達だろう。創価バリ活ブロガーの記事(しばれた朝 記録的冷え込み 嵐の後の悪路面 最悪のコンディション 雪深い中の配達)を見れば一目瞭然である。これほど過酷な環境なのだ。真冬の大雪の日に、自分でやってみればいい。真冬の極寒の朝。悪天候の日。視野が悪い状況。雪が積もった道。自転車なら転倒リスクが高い。大怪我をするかもしれない。屋内との寒暖差も激しいので血圧サージ(血圧急上昇)が心配だ。

こんな環境下の『無冠の友』に対しても、『「絶対無事故」でお願い』だの、よくもまぁ言えたものだ。

配達員の奮起

配達員は『永遠の師匠』からの激励のメッセージで奮起するのだろう。極寒の早朝でも、荒れ狂う天候の日でも、「池田先生のお手紙を伝えるのだ!」と頑張って配達に勤しむのだろう。その結果、怪我をしたり、事故が起こったらどうするのだろうか。

本当に会員の体が大切ならば

本当に会員の健康を大切に思うなら、『お体を大切にして』欲しいのなら、即座にネット版に完全移行するか、或いはプロの業者に配達委託するかの提案をするだろう。それすらせずに、会員を都合よく使う事しか念頭にないのだろうか?


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

日蓮大聖人を『末法の仏』と信奉する教団は、宗門・創価・顕正会が存在する。顕正会の浅井氏、宗門の日顕氏・日如氏は今でも矢面に出ている。ところが池田名誉会長だけは人前から突然姿を消した。

「完全引退して第一線への影響ある活動を行わない」というのならわかるが、今でも膨大な執筆活動や、各種メッセージ、名誉称号授与への応対、提言等々を精力的に行い、創価組織・会員に大きな影響を与え続けている役割(設定)を担っているのだ。これほど矛盾に満ちた存在は他にいるまい。

人生の最晩年に入り、集大成とも言える時期に、人前から避けるように姿を消す人物ほど疑わしいものはない。今の有りの侭の姿を見せれば、作り上げてきた『偶像』の金メッキが剥がれるのを恐れているのだろうか。戸田会長は晩年・病気で体が衰弱する中でも前面に出てきた。有りの侭の姿を見せたのである。その弟子とは思えない姿であろう。

およそ指導者というものは実態が見えている方が好ましい。戸田会長は実態のある指導者であったが、池田名誉会長は実態が不明な存在に成り下がった。

『永遠の師匠』という無謬性を与えられた存在ほど恐ろしいものはない。

「池田先生の承認を頂いております。」というお墨付きがあれば、それを一般の活動家の人達が『無疑日信の信心』で受け止めれば、どのような組織活動でも肯定されてしまう。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

池田名誉会長は多くの出版物を出している。その中で、文学を語る対談や、文学関連の出版物も多い。これは何の為に出したのだろうか。中立的な立場で考察してみる。

アンチ創価の人は、世界の著名人との対談は「箔をつける為だ」と言うだろう。それも一理あるだろう。では文学を語る対談や本は何のために出したのだろうか。聞いてみたいものだ。「単なる名誉会長の趣味」とでも答えるのだろうか。

ちなみに文学関連の対談や本の内容には、創価の話題が殆ど出てこないのが多い。創価の宣伝が主目的ではないことは確かだ。

世界の文学を読み込むことは、深く思索することにつながる。長編の文学を読み込むと、文脈の中で論理的に思考するようになる。物事を多角的に捉える癖がつく。そのような人間は『ワンフレーズ号令』で乗せられることは難しい。会員を従順に統治する目的なら『ものを考えさせない』方が楽である。会員一人一人の思考水準を引き上げてしまうと本部の打ち出しに従順に動く人間は少なくなるのに。わざわざ「青年は心に読書と思索の暇を作れ」と強調しているのである。

池田名誉会長なりの理想の構想があったのだろうか。ホールケイン『永遠の都』のように。

実際の所は、殆どの活動家は文学名著とは縁が薄いようである。特に婦人部は読んでる人は皆無だろう(『人間革命』と『香峯子抄』は必読のようだが)

私は高等部から学生部の頃、池田名誉会長を心から慕ってた頃、文学を語る本をバイブルのように熟読していた。その中でトルストイやユゴー・ロマンロラン・ゲーテ等々が語られていた。『若き日の日記』にも本の紹介が多々あった。「良書を読め」と指導されたので、私も多くの世界の名著を読み込んだ。周りの学会員にそのようなタイプは皆無だったが。

男子部に上がってから、私は『理屈臭い面倒な人間』と評価されるようになった。原理・原則と実践活動が矛盾していると感じた箇所を放置できなかった。途中から選挙支援活動に関する違和感を主張したり、納得のいかないことを徹底的に論議したりしたからだ。(とはいっても、ある程度の人間関係が出来ていたので、組織と揉めて遠ざかった事はなかったが)

創価の一般会員は従業員でも何でもない。会員の視点から見て、間違っていると思う箇所を指摘するのは当然の事なのだ。『純粋であるべき信仰の世界』で納得ができないまま組織活動をする事がおかしいのである。矛盾点をハッキリと提示して、それに的確な回答が得られない場合は、該当する組織活動をしないのは当然であろう。

しかし、一般的に、常に読書や思索を巡らせているタイプは組織に居づらくなるだろう。創価組織のワンフレーズ号令に簡単に乗せられない。『(画一的な)周囲のトーン』についていけずに組織から浮いた存在になる。やがて非活になって遠ざかっていく。現在の活動家にはそのようなタイプは殆ど残っていないだろう。

もしも、創価の活動家の大半の方々が、世界の古今東西の名著を読み込み、確かな史観を培っていたならば、創価は今のような姿にはなっていなかったのかもしれない。

弟子というものは結局教わらなかったも同然で、つまりはめいめい自己流でやってゆくものなんだ。(ファウストより)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

にほんブログ村

池田名誉会長は、2010年から7年間もの間、一切表に出ていない。だからといって『完全引退』した扱いでもない。未だに「新人間革命を毎日書き続けてる」「主要な会合や、授与式には常に本人の含蓄深い言葉を送る」という設定で組織の最前線でメッセージを贈り続けている存在なのである。一般会員は誰も本人を見ていない。見るのは過去のスピーチ等々の使い回し映像である。幹部連中は決まって「お元気な池田先生が」と枕詞のように言い続けている。誰がどう見ても、こんな組織運営は異常であろう。『永遠の師匠』という偶像を維持するのに躍起なのである。

人生の総仕上げの時期に

かつて池田名誉会長は「臨終の時は人生の総決算である」と強調していた。人間革命にも、戸田会長が逝去の前に「みんな、私の死相をよく見ておくのだ、ほんとうの成仏の相とはどういうものなのか教えておきたいのだよ。」と語った事が記述されている。この文章を書いたのは池田名誉会長自身なのである。「人生の総仕上げの数年間が最も重要である」と常日頃から言っていたではないか。ところが自分の人生の総仕上げの最も重要な時期に、人前に一切出なくなった。これでは会員が疑問に思うのも当然である。

瀬戸内氏は同じ90代でも人前に出ている

宗派は違うが、著名な瀬戸内寂聴氏は90歳を超えても尚、人前に出て講義をしている。まさに人生の総決算の時に、このように堂々と人前に出て、自分の人生で培ってきた経験を余すところなく語る姿を見ていると感じるものがある。その内容・教義の浅深はともかく。一方、日蓮仏法という最高の仏法哲学を推進してきた池田名誉会長の最晩年の姿はどうなってしまったのだろうか。

皆の前に、有りの侭の姿を

仮に脳梗塞で普通に喋る事が出来ない容態であっても、ありのままの姿を見せることが、最も重要ではないだろうか。『病魔と必死に戦う』その姿を見て馬鹿にする人はいないだろう。老トルストイが最晩年に家出をして生死の闘争をしたように、むしろ感銘を覚えるだろう。どんな状態であろうが、ありのままの『人間・池田大作』で人前に出るべきである。

動画メッセージすら出せない

別に会合に無理に出席する必要は無い。自宅のソファやベットから激励の動画メッセージを贈る等でも良いではないか。今の時代ならスマホで簡単にできることだ。時間が空いている職員が一人いればスマホで撮影して動画をアップできる。それすらしないのは隠蔽体質と批判されても仕方が無いだろう。

今までの発言の信憑性が問われている

もしも、このまま一切表に出ること無く鬼籍に入るとしたら、今までの『総仕上げの発言』は一体何だったのだ。己の発言に責任を持ってもらいたいものだ。「自分だけは特別・例外である」というのは通用しない。全世界の会員に有りの侭の姿を見せて欲しい。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

池田名誉会長の執筆活動に関して。

執筆活動の実態

以前から指摘されてきたことだが。よく疑問視されるのが、本人が実際に行っているかどうかの点である。

よく噂になる情報としては、人間革命は篠原善太郎氏が担当し。御書講義は教学部が担当し。激励のメッセージや詩は第一庶務が担当し。世界の要人との対談もサポートチームが担当し、往復書簡で作り上げ。スピーチも国際部が見つけて翻訳した偉人達のテキストに下地を使ったり、専門チームが内容を作ったり。写真も専門家の原山正行氏がフォローしてる。等々。ありとあらゆる執筆活動に対しての疑問点が指摘されている。

要するに、執筆活動に専念する文人指導者というのは、作られたイメージだということらしい。今までの殆ど全てが代作で、本人は教学その他の造詣は持っていないらしい。

これらが本当なら『永遠の師匠』の実態は、創価本部チームが創り出した理想の文人指導者像ということになる。

内容で評価を

このような情報を見ると会員の人達はショックを受けるだろう。「では、今まで信じてきた先生は一体何だったんだ!?」その気持ちは痛いほどわかるが、本質を見極めて欲しい。

私もこういう情報を見ると最初はショックを受けた。今まで信じていたものが音を建てて崩れていく虚しさを味わった。しかし、よくよく思索を続けると「これらが本当だったとしても、大事なのは内容であり、誰が書いたものであっても内容が優れていれば良いのでは無いだろうか。」と考えるようになった。

一般論としても、カントの理性批判はカントが書いたから価値があるのではなく、内容が優れているから価値があるのだ。

自ら取捨選択して価値判断を

果たして、学会員は執筆物を全部を鵜呑みにするほど読解力・解釈力が無い人ばかりなのだろうか。自分自身で本の内容の浅深を評価できないのだろうか。

池田氏の様々な執筆物に触れる中で、その実態が別人の作品であったとしても、自分の参考になる箇所を見つけて用いれば良いではないか。

いつまでも『永遠の師匠』の有難いお言葉を鵜呑みにするのでは無く、自分で取捨選択して価値判断すべきだろう。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

にほんブログ村

去る2015年の安保関連法案で公明党が賛成して、池田名誉会長の平和思想と異なる方向に進みそうになった時に、学会員で疑問を持っていた方も多かっただろう。また、創価大学の有志の人達からも反対の声が上がり「安全保障関連法案に反対する創価大学・創価女子短期大学関係者 有志の会」を結成して多くの賛同者の署名を集めた。

ガルトゥング博士の呼びかけ

そんな最中、かつて池田名誉会長と対談され(「対談集:平和への選択」)「平和学の父」と呼ばれるヨハン・ガルトゥング博士が、緊急来日して、安保法案反対を強く訴えられた。

「正直なところ、公明党にはがっかりしている。平和の党を名乗っていた同党は、今や戦争の党に成り下がってしまった…」と嘆いておられ、「(安保法案反対について)古くからの友人である池田大作氏に呼びかけます」と、共闘を訴えかけ、公開書簡で池田名誉会長に安保法制反対呼びかけられた。

以下が博士の呼びかけ内容である。
「私の古くからの友人である池田大作氏に呼びかけます。池田氏と私は平和についての対談集を出版し、多くの言語に訳され、創価学会と公明党の指針にもなってきました。その公明党は現在では好戦的な自民党と連立しています。紛争の解決や和解にはなんの役にも立たない破壊的戦争とは明確に一線を画し、九条を北東アジアの『平和の傘』とされんことを。」

友人を完全に無視

しかし、池田名誉会長側からの返答は一切ナシであった。ガルトゥング博士を完全に無視したのである。さらに、創立者として、我が子同然の創大生達の声にも無反応だった。

「一度結んだ友情は絶対に裏切らない」「友人の苦境には即座に応える」かつての池田名誉会長の言葉である。

ところが博士の魂の叫びに何の応答もないのである。これが友人に対する応えなのだろうか。さぞかし博士は失望しただろう。なんと薄情な対応なのだろうか。過去に自分が放った発言と言行一致しないのである。

いざという時に人間の本性が出る

一体、何の為の対談だったのか、「世界平和のため」に対談をしたのでは無かったのか。これでは価値が揺らいでしまう。友人に対して、いざという時に、こんな冷たい態度なのである。こんなことでは、他の対談やスピーチに関しても、疑問の目で見てしまうのも無理からぬことである。対談やスピーチの中で、いかに美しい言葉で友情や信念を語ろうと、いざ自分の身にふりかかると、矢面に出ようとせずに一切無視し続けるのである。

今すぐに謝罪と弁明を

もしも、今までの発言が嘘では無いというのならば、今すぐに矢面に出て、ガルトゥング博士に返信のメッセージを送り、2015年の大事な時に無視した件を謝罪して説明すべきだろう。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

池田名誉会長の御書講義は数多くあるが、中でも御義口伝講義は最高傑作という評価だろう。この御義口伝講義は昔からの愛読書であった。

この講義の中でも、大御本尊への絶対の信心が繰り返し述べられている。今の創価会則は、大御本尊は『受持の対象としない』そうだが、この講義内容と完全に矛盾している事になる。今ではもう絶版になっているようだ。宗門と決裂関係に変わった為だろう。そのままにしておくと都合が悪いのだろう。

しかし、この御義口伝講義は、内容的には今でも十分に通用する。これが当時の池田名誉会長の思想そのものだったのか、或いは監修担当の原島崇氏の見解が多分に入っていたのか、それはわからない。しかし、どちらであっても、何度も読み直す価値のある講義であろう。誰の見解であろうが大事なのは内容である。 御義口伝は日蓮仏法の中核であり、真っ先に学ぶべき御書であろう。学会員は選挙支援活動などに割いている時間があるのならば、この御義口伝講義を熟読すべきである。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

池田哲学に関して「古今東西の哲学のパッチワークだ」と批判をする人がいるが、それの何が悪いのだろうか。そもそも哲学とは過去の偉人達の遺産の積み重ねである。それを取り入れる事の何が問題なのだろうか。全くのゼロから哲学を創り出す人間など存在しない。池田哲学は日蓮仏法を核として構築されているのは間違いない。それをベースに古今東西の哲学者、過去の偉人たちの思想を取り入れてるのだろう。

池田名誉会長は、本を読めと指導された。私も青年部の頃から世界の名著を読み進めた。トルストイやドストエフスキーやユゴーやゲーテなど愛読した。読み進めながら日蓮仏法と対比して考察を続けた。その中で、人間として共通する思想を認めた。漠然とした言い方になるが、いずれの時代においても大事なもの、宗教の必要性、人間の価値、民衆こそが主役である点、等々である。

私も未来部の頃から池田名誉会長のスピーチ集や対談集を貪るように読んで育った。法華経の知恵や、世界の著名人との対談集を愛読してきた。ナポレオン対談、アタイデ対談、アイトマートフ対談、ゴルバチョフ対談、ホセ・マルティ対談、トインビー対談、購入した書籍は枚挙に暇が無いぐらいである。相手が世界の要人だろうと誰であろうと、常に民衆の生活目線で議論が展開されるのが好きだった。それと対談の中で、日蓮仏法の哲学性の高さもアピールしている点も信心の先輩として参考にしている。これらが全て池田名誉会長が直接書いたものであろうと、或いは代筆や制作チームが担当したのであろうと、内容は大いに評価できるだろう。

現在の私は非活になり、創価の現状で間違ってると思う箇所は躊躇わずに批判しているが、その批判する思考力を磨けたのは池田哲学のおかげである。推奨された文学作品や対談集や御書講義録を数多く読めば、それ相応の批評力が身につくはずである。少なくとも組織に盲目的になる人間を作るようなことはないハズなのだが。しかし、現状の創価の活動家の大半は組織の打ち出しのまま盲従している人達なのである。彼らは池田哲学をしっかりと学んでいないし理解もしてないと思われる。

ただし、現在の創価が会員向けに使ってる大白蓮華や機関誌に掲載されてる池田名誉会長の言葉は、その中で綺麗な部分のみを切り取って貼り付けてるだけである。池田哲学の端々を切り取ってデコレーションしているのである。しかも、それを組織の打ち出しを肯定化する為の材料として使っているのである。創価首脳陣にとっては、もはや池田哲学すら会員を都合よくコントロールする為の道具に過ぎないのであろう。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ