(まだメモ書き段階)

今までの検証記事を整理すると、戒壇本尊は大聖人御在世、日興上人の時代には存在しなかったと断じる他ない。つまり後の世に創作されたものである。

大石寺は、これに唯授一人の血脈相承の独自教義を展開し、『戒壇本尊の内証』と同じ内証を法主が受け継いだと主張している、こんなものを日蓮仏法と言い張るのは無理がある。

純粋な日蓮仏法の上に、大石寺系の戒壇本尊と法主御内証の教義を無理矢理に捻じ込んだものになっている。これは日蓮大聖人の仏法を歪めているという他ない。

大聖人は「うるし千ばいに蟹の足一つ入れたらんが如し」と仰せである。これほど法に厳格な方なのだ。戒壇本尊・法主内証という己義をどれほど嘆いておられるだろうか。




ただし、私は大石寺の教義全てを否定しているのではない。例えば、御義口伝は、以前に記事でも書いたが、コアな部分は『大聖人の法華経講義』を受け継いでいると認識している。

富士門流、なかんずく大石寺流の教義には、大聖人の仏法を純粋に守り伝えようとした部分と、自山の正当性・優位性を主張する為に、後の世に創作された部分がある。これらが入り混じった珠玉混合の状態なのだ。

日蓮仏法の信徒ならば、純粋な大聖人の教えを求めるべきである。後世の創作に惑わされてはならない。徹底的に真偽を検証し抜くべきである。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村