(メモ段階)

最近よく思索するのは、トルストイの不朽の名作『戦争と平和』である。私も若い頃から何度も読み直した素晴らしい作品である。

BBC版では2016年に最新の映像技術によってドラマ化された。あのBBCが2年半をかけてドラマ化した渾身の作品となっている。

とにかく圧巻の映像美である。エカテリーナ宮殿をはじめ、白樺の並木道や、ロシアの美しい田園風景、樫の老木の大樹、ボロジノ会戦のパノラマの光景、等々枚挙に暇がない。これらを映像化してくれただけでも価値がある。

しかし同時に映像作品の限界も感じた。一例を挙げれば、小説の中での、ボロジノ開戦前のアンドレイとピエールの会話が、ただの恋愛話にすり替わっているのである。これは残念だ。原作を読んだことが無い視聴者層に配慮したのだろうか。しかし、この会話の中にこそトルストイが訴えた『ロシア魂』そのものが語られているのだが。

当記事では、映画・ドラマ批評のような事をするつもりはない。ただただトルストイ原作の深さを再認識させられ、深く思索し続けている。

あの英雄ナポレオンの言葉すら「蠅の唸り声」と突き放し、歴史は一人の英雄が作るものでは無いとするトルストイの透徹した歴史観。強く惹かれるものがある。
われわれの一人一人が偉大なナポレオンより、人間として以上でないまでも、決して以下ではない、とわたしに語りかける人間の価値というものが、


精神の英雄プラトン・カラターエフ

物語後半でプラトン・カラターエフというロシアの農民兵が登場する。ナポレオンが武力の英雄なら、カラターエフは精神の英雄として描かれている。ピエールは捕虜生活の中で彼に感化される。信仰観まで変化をもたらす。後に
彼(ピエール)は目的を持つことができなかった。なぜなら彼は今や信仰を持っていたからである。それはある種の法則か、あるいは言葉か、あるいは思想に対する信仰ではなく、生命ある、常に感じられる神に対する信仰だった。以前に彼は自分に課した目的の中にそれを求めていた。この目的の探求がとりもなおさず神の探求だった。そして、ふいに彼は捕虜生活の中で、言葉や考察によってではなく、直感によって、子供の頃から乳母に聞かされてきた「神様はほらそこにいらっしゃるでしょ、神様はどこにでもいらっしゃるんだよ」ということを感じたのである。彼は捕虜生活の間に、カラターエフの中にある神のほうが、フリーメーソンの信仰する宇宙の建造者の中にある神よりも、偉大で、無限で、究めがたいものであることを知ったのである。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村