ダメ出し氏が、私の過去記事の断片を切り取って、ブログ記事にしていた。『創価活動家ブログ』として扱い、それを囲いの人達に攻撃の材料として提供している。(私に何の断りもなく)勝手に記事の断片を引用されて、このような創価叩きの材料として使われるのは非常に心外である。

最初に説明しておくが、私はアンチ創価ではない(当ブログのスタンス)。ダメ出し氏のように、全ての出来事を創価叩きに利用するような姿勢ではない。私は、いずれの組織であろうと、個人であろうと、善いものは評価し悪いものは批判する姿勢である。創価の良い点があれば正当に評価する。人間として当然の姿勢であろう。

だからといって、ダメ出し氏が『創価系・創価脳』というレッテルを貼り攻撃をするのは如何かと思われる。以前の記事でも、私のことを『創価莫迦ツドウカ』『半端な創価狂学莫迦』と酷いレッテルを貼り攻撃してきた。

なお、私の主張はブログ開始当初から終始一貫している。何も変わってはいない。戒壇本尊に関しての見解もそうである。疑問点は隠さずに記事に書いてきた。

ダメ出し氏は、他人様のブログを部分的にしか読まずに、勝手に決めつけてレッテルを貼る人物であることが明らかになった。非常に残念である。

本物は科学的検証と相反しない

私が戒壇本尊の科学的検証を提唱したのは、最大の理由は未来の信徒の為である。記事(リンク)の断片だけではなく全文を読んで頂きたい。

もしも、戒壇本尊が科学的検証・文献学的検証に耐えられないのなら、それはただの迷信の産物に過ぎない。ありとあらゆる疑惑を検証し、それでも残ったものにこそ本物の価値がある。

純粋に日蓮仏法を信じる者ならば真実を求めるべきである。妄信に陥ってはならない。

疑問を持つことも許されない

「日蓮仏法(大聖人を御本仏と崇める)を信じるものは少しでも戒壇本尊に関して疑問を持ってはならない」「歴代法主に対して疑いを持ってはならない」このような姿勢では視野狭窄の信仰しかもたらさない。

少しでも疑問を持った者を、或いは真実を求める者を「不信だ! 無信心になった! 謗法だ!」と悪事のように扱い、攻撃の対象とする。これが『大御本尊・原理主義者』の姿勢なのである。

都合の悪い事実から逃げ続ける姿勢

彼が反応すべき点はそこではない。戒壇本尊の検証された事実にこそ反応すべきなのだ

ダメ出し氏は、戒壇本尊に対しての疑惑にただの一度も答えていない。戒壇本尊が法主の書写と異なる点(リンク)、戒壇本尊が御本尊七箇相承と異なる点リンク(御本尊七箇相承が)日興上人書写の本尊と異なる点リンク、彼はこれらの点をスルーして逃げ続けている。事実を直視しようとしないのだ。

都合の良いことだけ反論し、都合の悪いことはスルーする姿勢では、日蓮仏法の真実には到達できないことは明らかである。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村