現在、創価の一般会員が本尊として自宅に安置しているのは、日寛師書写の五界略式本尊である。

創価はこの御本尊に対して一部改竄を行った上でカラーコピーをしていると指摘されている。具体的には、左下の霞んだ文字の所を明瞭にして、左端の授与書を削除して、文字の線を太くしたり伸ばした、とのことである。どうやら現存する元の状態のまま複写するのが都合が悪かったようだ。

この五界略式本尊であるが、日寛師が書写したベースは戒壇本尊とされている。
法華取要抄文段の中で
「 広宣流布の時至れば、一閻浮提の山寺等、皆嫡々書写の本尊を安置す。その処は皆これ義理の戒壇なり。然りと雖も仍これ枝流にして、これ根源に非ず。正に本門戒壇の本尊所住の処、即ちこれ根源なり」
と書写本尊は枝流であり、戒壇本尊こそが根源であると言い切っている。

しかし現在の創価は、この根源である戒壇本尊を「受持の対象とはしない」としている。もはや日寛師書写の御本尊に執着する必要はないと思われる。ならば、創価で独自の本尊を用意したらどうだろうか。

私自身は、大聖人の真筆の御本尊を「寸分違わずに精密複写」するのが一番良いと考えているが、創価はそのような選択をしないようだ。

それならば、池田名誉会長が自ら筆を取り御本尊を書写すれば良いではないか。そして創価の会則では、会長に『本尊認定権』があるのだから、それを創価の本尊として認定すれば良いではないか。

あの鯛焼き支部長も「正しい相貌があれば『本門の本尊』になる」と力説しているのだから。『永遠の師匠』が書写した御本尊ならば、会員達も疑う事無く深く信じる事ができるだろう。つまり『(鯛焼き流)三大秘法』が成立するわけだ。

そうなれば、宗門側から「ニセ本尊だ!」「改竄カラーコピー本尊だ!」と批判されることは無くなる。不毛な争いも無くなるではないか。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村