(まだ思索メモ段階の為、当該記事へのコメントは御遠慮ください。
 この段階でコメント頂いても削除致します)

先日、沖縄県知事選挙が実施された。数人の立候補者がいたが、自民・公明が推薦する佐喜真候補と、オール沖縄として推薦する玉城デニー候補との一騎打ちであった。この佐喜真候補とは日本会議のメンバーであったとされる。辺野古移設に関しては明確に反対せず、実質的に容認の立場であった。

公明党は前回の名護市長選挙に続いて、またもや自民推薦候補を推薦する戦略に出た。

沖縄のことは言うまでも無く沖縄県民が決めることだ。本土が押し付けるべきではない。その結果を尊重すべきだろう。

一歩踏み込んで考えてみたい。沖縄県民の多数が「米軍基地は必要ない」と結論を出したならば、それがない状態での防衛体制を構築すべきだろう。その場合、自衛隊の大幅増強・再配備も必要になって来るだろう。防衛費の負担も増えることになる。しかし、それをいつまでも誤魔化し続けるのは卑怯ではないか。自分の国を自分達で守るという事を真剣に考える時に来ている。

組織あげての大量動員

今回の沖縄県知事選挙では創価組織が大量の動員をかけたという。 
公明の支持母体である創価学会は県内に数千人規模とされる大勢の人員を投入。選挙期間中3度沖縄入りした小泉進次郎氏の街頭演説会のうち2回で支持者を大勢動員した。県外からも電話作戦で佐喜真氏への投票を促すなど総力戦を展開した。
(記事ソース)
前回の知事選では公明党は”自主投票”でしたが今回は新基地賛成の候補を全国動員で応援している。我が家にも関西から幹部がきて、”オール沖縄は共産党。デニーでは経済発展ができない”とデマ宣伝を繰り返している。
(記事ソース)

実質的には、辺野古に新基地建設を容認している佐喜真候補を推薦し、組織あげて大量動員して応援する。創価・公明党がやっていることは押し付け以外なにものでもない。

動員された会員は沖縄に乗り込み、佐喜真候補へのお願いに回ったり、候補者の演説が盛況のように見せる数合わせの為に聴衆に加わる。それが池田名誉会長への報恩感謝に直結するとばかりに頑張るのだ。彼等は沖縄県民がどれほど米軍基地に苦しめられてきたか、基地の無い状態を願っているのか、その気持ちなど考えもしない。組織の言う通り何も考えずに動くだけだ。そしてこんなものを法戦と称し日蓮仏法の実践法だと主張する創価組織のやり方には心底呆れる。

今回、玉城デニー候補の陣営で創価会員の三色旗が目立ったが、あの方々の気持ちもわかる。沖縄県民の心を踏みにじる行為を許せなかったのだろう。たとえ組織に睨まれようが移設反対の意志を示さねばならないという止むに止まれぬ行動だったのだろう。


(以降、時間をかけて記事を書き上げていく予定、まだまだ一部)



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村