「気楽に~」渡辺氏の粘着ぶりは前回の指摘記事でも紹介したが、ますます酷くなっているようだ。もはや暴走の域まで達しているようである。

Twitterで、相手に難癖をつけて、勝手に粘着し始めた挙句に、「なんで答えれないの?」「なんでずーっと誤魔化すの?」「話をすり替えた」「反論まだぁ?」「逃げてるのバレバレ」などと相手を煽る言葉を連投しまくっている。

https://mobile.twitter.com/donmotton/status/1029922312894574593 twitter
https://mobile.twitter.com/mwP0s8t4fiA7LWQ/status/1029928618976145408  twitter
https://mobile.twitter.com/wZXjnOoENmf6TNi/status/1029714710034149376  twitter
https://mobile.twitter.com/wZXjnOoENmf6TNi/status/1029708317176750080  twitter
https://mobile.twitter.com/wZXjnOoENmf6TNi/status/1029716643373432833  twitter

この執拗な連投を見れば、彼の異常性は明らかだろう。見ているだけで気分が悪くなるほどだ。

相手に執拗にプレッシャーをかけ、即答を求め続ける。相手の都合などお構いなし。特に「ゆきちゃん氏」は左手が不自由で、左肩を痛めて激痛が走ると言っているのに、そのような相手に何の配慮もせずに執拗に回答を要求し続ける。もはや人間として非道という他ない。

あまりの酷さに、相手から「自分の変質者ぶりをアピールしたいのかね。」と指摘されている始末だ

これほど粘着質で、攻撃的な変質者を見たことが無い。もうこれは立派なネットストーカー行為であろう。

彼は常日頃から、創価バリ活や法華講員の人達に対して「屹立した信仰者たれ!」と『覚醒』を呼びかけていた。果たして、これが『屹立した信仰者』のやる行為なのか。「恥を知れ」と言いたい。

何の為に宗教があり、信仰をするのか。その目的の一つは、人間性を磨くことである。

人間として最低の行為を繰り返す、この輩は仏教徒でも何でもない。日蓮仏法を捨てた者はこのようになるという典型的な見本であろう。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村