「気楽に~」渡辺氏。いままで散々指摘してきたが、いよいよこの輩が正体を露呈してきた。
だいたい日蓮という人の法華経解釈そのものがどこかイっちゃってる感じがしますよね?(笑) 道元の法華経解釈の方が、より釈迦の思想に近いと思います。 法華経を根本としつつ、道元と日蓮という二人の解釈が出たことをもっと考えるべきかと思います。twitter
まるで日蓮が頭がおかしい人物かのように断定しているのである。「イっちゃってる感じがしますよね?(笑)」と揶揄するほど馬鹿にしているのだ。もはや日蓮に対する敬意など微塵も無いのである。これを見て怒りを覚えない日蓮信徒がいるのだろうか。

一体、この輩は何時まで日蓮に粘着するつもりなのだ。そもそも自分から「私は日蓮から離れて龍樹思想の信仰を求めています」と告白しているではないか。ならば、もう日蓮に固執する必要など微塵もないだろうに。日蓮について語る資格など一切ないのは明白である。さっさと敬愛する龍樹や、一目置いている道元あたりを讃嘆する記事でも書けば良いだろう。

この輩が本当に関心のある対象は龍樹思想である。実は、少し前に「中論」のネタ記事を幾つか書いていた。だが、読者の食いつきが悪く不評だったので、その後は二度と書かなくなった。その埋め合わせに、食いつきが良い創価関連や宗門関連や日蓮関連のネタを中心に書いているのだ。

要するにこの輩は、自分のブログやTwitterの喧伝の為に創価ネタや宗門ネタや日蓮ネタを書いているに過ぎないのだ。しきりにアクセス数を自慢しているのが何よりの証拠だろう。何の宗教的信念もない軽薄な最低の人間なのである。