御義口伝の中で最も項目が多いのは、寿量品(27個)でもなく、方便品(8個)でもない。常不軽品(30個)である。不軽品はそれほど長い品ではない。方便品の方が遥かに長い。にもかかわらず大事の項目数は圧倒的に多い。ここに重大な意義があるのではないか。そして御義口伝の真実性も感じる。

大聖人は不軽菩薩品を特に重要視されていた。諸御書を見れば明らかである。
「日蓮は是れ法華経の行者なり不軽の跡を紹継するの故に軽毀する人は頭七分に破・信ずる者は福を安明に積まん」(聖人知三世事)

「法華経は三世の説法の儀式なり、過去の不軽品は今の勧持品今の勧持品は過去の不軽品なり、今の勧持品は未来は不軽品為る可し」(寺泊御書)

「今も亦是くの如し、彼は像法・此れは濁悪の末法・彼は初随喜の行者・此れは名字の凡夫・彼は二十四字の下種・此れは唯五字なり、得道の時節異なりと雖も成仏の所詮は全体是れ同じかるべし。」(教行証御書)と、得道の時節は像法と末法と異なるが、下種益での成仏の原理に於いては同じであると仰せである。

弟子達の前でも、佐渡でも身延でも、あらゆる所で不軽菩薩の重要性を講義されたのだろう。その御心を日興上人は受け継いで後にまとめられたのだろう。だからこそ御義口伝で最も多い項目になったのではなかろうか。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村