想学談林「運ちゃん」氏だが、最近の記事
人の死と死後の事について、また輪廻転生という事について、御書で語る事が出来ますか?

日蓮正宗に伝わる教義では、人間の死有の事や死後の事、そして輪廻転生の事については明確に語り切れないという事を顕しているではありませんか?
と決めつけているが、本当にそうなのだろうか。御書を幾つか拝読してみたい。

「乞い願わくは悲母我が子を恋しく思食し給いなば南無妙法蓮華経と唱えさせ給いて・故南条殿・故五郎殿と一所に生れんと願はせ給へ、一つ種は一つ種・別の種は別の種・同じ妙法蓮華経の種を心に・はらませ給いなば・同じ妙法蓮華経の国へ生れさせ給うべし」(上野殿母御前御返事)

「此の経を持つ人人は他人なれども同じ霊山へまいりあわせ給うなり、いかにいはんや故聖霊も殿も同じく法華経を信じさせ給へば・同じところに生れさせ給うべし」(上野殿御返事)

日蓮大聖人は、純粋な信心を貫き通した信徒に対し、次の世でも、親子一緒に法華経の国に生れると明確に仰せなのだ。このように枚挙に暇が無い。どうやら彼は、御書を中途半端に研鑽してしまっているようだ。

「僕の考えた日蓮像」ありきの思考

運ちゃん氏は、我見が強すぎる為に、『自分勝手な日蓮像』を作り上げ、御書を読んでいても「日蓮はこうあるべき」という固定観念から正しい解釈ができないのだ。「自分の都合の良い箇所だけ抜き取り、都合の悪い場所はスルーする」癖がついているから肝心な部分を見逃してしまうのである。

特に彼の悪癖は、法難や瑞相を完全にスルーする点である。大聖人が、自界叛逆難と他国侵逼難を的中させた事も、運ちゃん氏は「日蓮には広い人脈があり、諸国の事情が入ってきたから」という勝手な解釈を披露している。要するに彼は「己が理解できない現象」を完全否定しなければ気が済まないのだ。

こんな姿勢で日蓮仏法を研鑽しようとすること自体が残念である。

死後の生命に関心があるようだが、その答えを、チベット仏教だのNDE(臨死体験学)だのに求めても、却って様々な情報に混乱して迷うだけだろう。僅かの知識をこねくり回すだけの『観念の遊戯』に過ぎない。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村