最近、「気軽に~」の渡辺氏と頻繁に連携してる大木道惠氏。Twitterのアカウントでは「ご隠居さん」として創価や宗門関連の話題に絡んでくる人物である。渡辺氏が『心の友』のように『師匠』のように仰ぐ人物であるが。どのような御仁であるか興味が湧いてきた。

さて、この大木道惠氏だが、ちょっと調べたところ、まぁ様々な情報が出てくるものだ。どうも彼は宗教、特に『創価ネタでメシを食ってる人物』のようである。いろいろな過去の遍歴をお持ちのようである。

私は、各宗派の僧侶であろうと、在家の本部・専門職員であろうと、(自称)ジャーナリストであろうと『現代に於いて、宗教でメシを食ってる連中』は一切信用していない。

一般論として、人間というのは「生活の為に、己が生きていく為に、思想を売り渡す」輩がいかに多いか、これまでの歴史が証明している。いや、そもそも思想など最初から無かった連中も多い。『いかに宗教で食っていくか』この点だけで行動してる連中も多いのだ。

(自称)ジャーナリストというのは実に気軽なもので、生きていく為には平気で宗旨を鞍替えする傾向にある。これまでも数々の宗教ジャーナリスト達が変節を露呈してきたではないか。

純粋に日蓮仏法を貫きたいのならば、現代に於いて、宗教でメシを食っている連中には関わらない方が良い。金銭に絡む必要の無い純粋な信仰を目指すべきである。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村