以前から「生かされるまま生きる」というブログに注目していた。管理人はイプシロン氏。作家志望の人で自身の内面世界を余すことなく披露しているブログである。本人は学会員で今は非活動になっている。作家志望というだけあって、非常に読書量が多く様々な書から学ばれている。また、ギャラリーには綺麗なイラスト画像集も置かれている。

また、幼少の頃の虐待やいじめの辛い体験や、精神的に厳しい時期があったようで、自らの命を絶とうとするほど生と死に苦しんだようで、その辺りも包み隠さずに書いている。

驚くべき思想の変遷過程

数年前の記事から段階的に追っていくと、思想の変遷がバラエティに富んでいるのに驚く。最初はブログ村の創価カテゴリによくいる純粋な活動家そのものであった。ところが現在は初期仏教に傾倒しているではないか。彼の内面に何があったのか、これこそが当該ブログの最大の特徴だと感じる。

確認できた事をざっと整理してみると

創価バリ活そのもの

・純粋で疑うことを知らない活動家の心の時期
  この頃は、創価村ブロガーの「ちよ氏」や「ラン氏」達と交流をしていたようである。
  同志の為に同盟題目を送る、というやりとりもしていた。
・池田名誉会長を『先生』『師匠』と心から慕っていた時期
  歴代会長の指導内容を日々噛みしめて糧にしていた。
  『今日より明日へ』や『青春対話』を研鑽していた。

池田絶対主義へ

・公明党に疑問を抱き始め、その疑問を強くしていた時期
  現執行部への批判を強めていた時期
  しかし池田名誉会長や歴代会長への絶対の心服は依然として保ったままであった。
  この時点では某三人組などの池田絶対主義者の方々と同じ見解だろう

アンチ創価へ

・創価の歴史を検証しはじめ、牧口会長・戸田会長・池田名誉会長の実像を追い求めた時期
・「創価ほどおかしな団体はない」と主張するようになる時期
  「創価の信心は仏教ではないし、いわんや日蓮仏法でもない」と批判している
  「ようするに、池田思想とは、仏法を恥しめる外道思想だということだ」
   と、かつて敬慕していた対象を徹底的に否定している

日蓮仏法を我見解釈

・日蓮仏法への理解・解釈を、我見により独自のものへと変形させていった時期
  日蓮本仏論はおかしいと主張している(釈迦本仏論)
  御義口伝も偽書との見解を示している
  瞑想だの、止観がどうのこうの言い出し始める

仏法に懐疑的になる

・大乗経と小乗経という分類に懐疑的になる。
・仏教は、願いや、祈りや、誓いを立てるものではないと主張するようになる。
・「仏教は心を哲学(正しく認識)するための学びであり、
  そしてそうして見出した無の心を仏法と呼んでいるわけだ」と主張するようになる
  まるで唯識派の論調になる。

宗教そのものを否定

現在は「宗教」そのものに懐疑的な見解を示している。「宗教は他者を排除するもの」と斬り捨てている。彼の言い分によると、(特に大乗)仏教で説かれる「諸天善神」は他宗教の神々を勝手に再定義しているので、それは「結局のところ他人の思想を認めない排除性になってしまう」らしい。更に、教義の中で、国家や国王のことを説かれている宗教もダメという。そして、そのような事が説かれていない初期仏教こそ彼の理想であるらしい。

わずか数年で、ここまでバラエティに富んだ思想の変遷を辿るとは驚きである。しかし、行きついた先が初期仏教であるとは何とも残念だ。

現実に通用するのだろうか


左派に特徴的な原理主義傾向

本人は平和主義者で、護憲派であり、純粋に平和を願う心が強い。北朝鮮とは圧力ではなく対話重視で行くべきとの見解を何度も繰り返し主張している。ある意味『潔癖』というほど原理を求める傾向にある。このような人は現実に於いて妥協を許さない。現実と折り合いが付かなく苦しむ。左派に特徴的な性質である。彼が、何度も理念を説きながら、現実に於いて何の行動も出来ていないのが何よりの証明である。

「三世の生命」を否定し虚無思想に

初期仏教に固執する余り、死後にも生命があることを信じられず否定する様を見ていると痛々しい。見たところ、イプシロン氏は虚無思想に陥りつつある。現実の生も虚無、死後も虚無と認識してるようだ。このまま破滅的な思考にまで到達しなければ良いのだが。日蓮仏法を学ぶ機会がありながら、このような『我見解釈』によって無だの虚無だのに捉われる様を見ているのは痛々しい限りである。

生死の極限状態になった時に

自殺を否定する理由を『人間も自然の摂理の一部だから、そこから逃れるのは不合理だ』と無理矢理に自分自身を納得させているようだが、そんな付け焼き刃の考えで現実に太刀打ちできるとは到底思えない。例えば末期癌で苦しんでいる状態、常に間断なく激痛に苦しむ状態、その苦しみから『尊厳死』という考え方が確立したのだが、彼のような現実離れした夢想家では到底現実の生死に抵抗できるとは思えない。大病を患うか・生活が根幹から破壊されるような状態になったときに初めて気付くのだろう。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村