去る2015年の安保関連法案で公明党が賛成して、池田名誉会長の平和思想と異なる方向に進みそうになった時に、学会員で疑問を持っていた方も多かっただろう。また、創価大学の有志の人達からも反対の声が上がり「安全保障関連法案に反対する創価大学・創価女子短期大学関係者 有志の会」を結成して多くの賛同者の署名を集めた。

ガルトゥング博士の呼びかけ

そんな最中、かつて池田名誉会長と対談され(「対談集:平和への選択」)「平和学の父」と呼ばれるヨハン・ガルトゥング博士が、緊急来日して、安保法案反対を強く訴えられた。

「正直なところ、公明党にはがっかりしている。平和の党を名乗っていた同党は、今や戦争の党に成り下がってしまった…」と嘆いておられ、「(安保法案反対について)古くからの友人である池田大作氏に呼びかけます」と、共闘を訴えかけ、公開書簡で池田名誉会長に安保法制反対呼びかけられた。

以下が博士の呼びかけ内容である。
「私の古くからの友人である池田大作氏に呼びかけます。池田氏と私は平和についての対談集を出版し、多くの言語に訳され、創価学会と公明党の指針にもなってきました。その公明党は現在では好戦的な自民党と連立しています。紛争の解決や和解にはなんの役にも立たない破壊的戦争とは明確に一線を画し、九条を北東アジアの『平和の傘』とされんことを。」

友人を完全に無視

しかし、池田名誉会長側からの返答は一切ナシであった。ガルトゥング博士を完全に無視したのである。さらに、創立者として、我が子同然の創大生達の声にも無反応だった。

「一度結んだ友情は絶対に裏切らない」「友人の苦境には即座に応える」かつての池田名誉会長の言葉である。

ところが博士の魂の叫びに何の応答もないのである。これが友人に対する応えなのだろうか。さぞかし博士は失望しただろう。なんと薄情な対応なのだろうか。過去に自分が放った発言と言行一致しないのである。

いざという時に人間の本性が出る

一体、何の為の対談だったのか、「世界平和のため」に対談をしたのでは無かったのか。これでは価値が揺らいでしまう。友人に対して、いざという時に、こんな冷たい態度なのである。こんなことでは、他の対談やスピーチに関しても、疑問の目で見てしまうのも無理からぬことである。対談やスピーチの中で、いかに美しい言葉で友情や信念を語ろうと、いざ自分の身にふりかかると、矢面に出ようとせずに一切無視し続けるのである。

今すぐに謝罪と弁明を

もしも、今までの発言が嘘では無いというのならば、今すぐに矢面に出て、ガルトゥング博士に返信のメッセージを送り、2015年の大事な時に無視した件を謝罪して説明すべきだろう。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村