創価学会と日蓮仏法と活動

雅彦と申します。元バリ活の自分が創価学会や宗門、日蓮仏法について思う事を書いていきます。長年、創価学会が唯一正しいと信じ込んできました。非活になり先入観なしに考えられるようになりました。信仰とは何か?組織とは何か?どう関わるべきか?全てを総括したいと思います。書きたいテーマが山ほどありますので、随時更新していく予定です。気になる記事があれば、お気軽にコメントして下さい、答えられる範囲で回答致します。

2016年01月

現代人は、インドの口伝というものを軽視しすぎる傾向にある。

しかし、仏教を学ぶのならば、当時のインド人の思想哲学を本当に理解しようとすれば、もっと口伝を尊重しなければならない。

インドでは古来より、宗教の聖典は口伝によって伝承し、文字として残さないという伝統があったのだ。インド人は聖典を「あえて文字に残さなかった」のである。

インドでは何百年、或いはそれ以上の時間を経て醸成される口伝など普通である。例えば、中国の法顕という僧侶は、5世紀頃にインドに入ったが、仏典を専ら暗唱で伝えていた、と著書で記している。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

大石寺系の主張はこうである。大聖人は釈尊から三大秘法を相伝された。それは経文上には書かれていない。「法体」である三大秘法は、面受口決により教主釈尊から上行・日蓮大聖人へ相伝されたのである。つまり「法体」というものは、経文上で不特定多数の者に相伝するのではなく、仏法の混乱を守るために面受口決により唯授一人へ相承するものなのである。と


法体はあくまでも三大秘法である。法体が戒壇本尊という証拠など何処にもない。大石寺系が勝手に創作しているに過ぎない。様々な資料がそれを証明しているではないか。そして大石寺系は一度もマトモな反証ができていない。

御書から自分達の都合の良い所だけを切り文して利用して、戒壇本尊の正当性をアピールしている。相伝という外部から見ればブラックボックス状態なのを良い事に、中に無理矢理に戒壇本尊を捻じ込んでいる。

一大秘法が戒壇本尊に収斂されるなど日寛師の独自説である。そのような教義は日蓮仏法ではない。日興上人・日目師の時代には全く見られない。記録にも全く無い。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

もしも戒壇本尊が大聖人の御意思と全く関係のない捏造だとしたら?

蓮盛抄にて禅宗を破折されている通りである。禅宗は「禅宗云く「涅槃の時.世尊座に登り拈華して衆に示す迦葉・破顔微笑せり、仏の言く『吾に正法眼蔵.涅槃の妙心・実相無相・微妙の法門有り文字を立てず教外に別伝し摩訶迦葉に付属するのみ』」と」

禅宗は、文字を立てず教外に別伝して摩訶迦葉に付属するのみと主張している。

これと同じ構図である。大石寺系が主張している内容は、戒壇本尊は大聖人の御書に残されず秘して日興上人のみに付属した、ということだ。これが法体そのものだと主張している。

ではこの根拠はどこにあるのだろうか。

相伝だという。

大聖人は厳しく戒めておられる「若し仏の所説に順わざる者有らば当に知るべし是の人は是れ魔の眷属なり」現代に於ける仏説とは御書の事なのは言うまでもない。御書に拠らず勝手に戒壇本尊なるものを創作して、それを法体だと主張する大石寺系はまさに魔の所為ではないだろうか。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ