大石寺に安置されている大御本尊。その大御本尊の位置付けに対して違和感が昔からあった。一人の日蓮仏法の信仰者として、ありのままに感じたことを述べてみる。

現在の宗門の教義を体系的に完成させたのは日寛師である。特に本門戒壇の御本尊に関する記述をピックアップしてみたい。
法華取要抄文段
「 広宣流布の時至れば、一閻浮提の山寺等、皆嫡々書写の本尊を安置す。その処は皆これ義理の戒壇なり。然りと雖も仍これ枝流にして、これ根源に非ず。正に本門戒壇の本尊所住の処、即ちこれ根源なり」
観心本尊抄文段
「故に弘安元年已後、究竟の極説なり。就中弘安二年の本門戒壇の御本尊は、究竟の中の究竟、本懐の中の本懐なり。既に是れ三大秘法の随一なり、況や一閻浮提総体の本尊なる故なり。」

正直な感想を言えば、日寛師は大御本尊に余りにも過度な重み付けをしたのではないだろうか。大御本尊が全ての根源であるとし、他の御本尊は支流のような扱いをしている。例えるなら『マザー御本尊』的な役割を与えているのである。これには強い違和感を覚える。御書に一度も出てきてない『弘安2年の御本尊』に対してそこまでの過度な解釈は行き過ぎであろう。

本来、御本尊に差別などあってはならない。だが日寛師は大御本尊だけを特別扱いしている。これが日蓮大聖人の御意思に反することは明白である。

(なお私の大御本尊観は別記事に書いた通り。)

「大御本尊への信」が前提

この日寛師の教義を元に、現在の宗門は『分身散体の法義』にまで発展解釈させている。宗門側の人に言わせれば、大御本尊に信を取らなければ、いくら他の御本尊を拝んでも功徳が無いらしい。

大御本尊に法主を結び付ける

その大御本尊に『唯授一人の血脈相承』の法主を結びつけて絶対忠誠の構図ができあがっているのである。さらに『法魂』という用語まで造っているのだ。日応師以後は「代々の御法主上人に伝えられる血脈相承によって、 はじめて本門戒壇の大御本尊の法魂・極意が書写される」と教えているのである。

「信仰が戒壇の大御本尊から離れ、血脈相伝の教えから離れるならば、いかに各家庭の御本尊を拝んでも功徳は生じません。かえって罪障を積むことになる」と指導し、「正鏡たる本門戒壇の大御本尊と、唯授一人の御法主上人に信伏随従する信心にあることを、けっして踏み違えてはならない。」と指導する。

法主に絶対服従する「おすがり信仰」

このような指導を受ければ、純粋な信徒は幾度も総登山を行い、大御本尊を拝謁に行き、法主の有難い法話を聞きに行くのである。このような構図が信徒を縛り『おすがり信仰』になる要因であろう。

大聖人の仏法とは、こんな特定の場所に参詣し、法主に絶対服従しなければ成就できないようなものだったのだろうか。原点である御書を拝読すればするほど強い違和感を覚える。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村