池田名誉会長の御書講義は数多くあるが、中でも御義口伝講義は最高傑作という評価だろう。この御義口伝講義は昔からの愛読書であった。

この講義の中でも、大御本尊への絶対の信心が繰り返し述べられている。今の創価会則は、大御本尊は『受持の対象としない』そうだが、この講義内容と完全に矛盾している事になる。今ではもう絶版になっているようだ。宗門と決裂関係に変わった為だろう。そのままにしておくと都合が悪いのだろう。

しかし、この御義口伝講義は、内容的には今でも十分に通用する。これが当時の池田名誉会長の思想そのものだったのか、或いは監修担当の原島崇氏の見解が多分に入っていたのか、それはわからない。しかし、どちらであっても、何度も読み直す価値のある講義であろう。誰の見解であろうが大事なのは内容である。 御義口伝は日蓮仏法の中核であり、真っ先に学ぶべき御書であろう。学会員は選挙支援活動などに割いている時間があるのならば、この御義口伝講義を熟読すべきである。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村