創価と宗門の不毛な争いに心を痛めている。今までの歴史を振り返ると、同じ日蓮仏法の信徒同士で、やれ「ニセ本尊」だの、「法主の血脈がない」だの、「勝手に開眼供養した」だの、「悪鬼が住み着いている」だの、かくも激しい誹謗中傷の応酬が繰り返されてきた。

このような争いを見て、大聖人はどれほど悲しまれているか。一刻も早く、このような不毛な本尊論に終止符を打つべきである。

結論を言うと、大聖人の御真筆の御本尊を、宗派に依存することなく、希望者には(厳格な精密)複写を受持できるような制度が作られるべきだと考える。御真筆の御本尊であれば、最早不毛な本尊論争が起こることは無いだろう。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村