創価ルネサンス運動
中世ヨーロッパの、ルターの宗教改革に倣い、その精神を訴えていた運動である。
当時、宗門から破門された。


学会員以外でも気軽に参加でき、忌憚なく意見・議論を交わせた時期。
種々の会合に会友さんを呼んで和気藹々としていた時期だった。
学会の歴史の中でも懐の深い時期だった。
一つの理想モデルの試みであった。
『哲学者たれ』の指針
いまや、その面影も無いが。


本家・欧米のルネサンス運動は、キリストの原点に帰れ、ということだった。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村