創価学会と日蓮仏法と活動

雅彦と申します。元バリ活の自分が創価学会や宗門、日蓮仏法について思う事を書いていきます。長年、創価学会が唯一正しいと信じ込んできました。非活になり先入観なしに考えられるようになりました。信仰とは何か?組織とは何か?どう関わるべきか?全てを総括したいと思います。書きたいテーマが山ほどありますので、随時更新していく予定です。気になる記事があれば、お気軽にコメントして下さい、答えられる範囲で回答致します。

戒壇の場所に、「身延の大坊・久遠寺」、と直接言及されていないのが不思議だ。

勅宣ならびに(関東)御教書を申し下して、が必須条件なのだが、これは当時は幕府と朝廷との二重の支配構造があり、その両方の認可を受ける必要があったからだ。

この認可を貰った時に、身延の大坊を本門の戒壇とせよ、と直接的に言えばわかりやすいのに、そうはされなかった。

その代わりに、「霊山浄土に似たらん最勝の地を尋ねて戒壇を建立す可き者か時を待つ可きのみ事の戒法と申すは是なり」という表現をされた。

これは大聖人の御心の理想と現実を表しているのではないだろうか。現実は身延の久遠寺であり、理想は景勝の地であろう。大聖人は伝教大師の比叡山延暦寺を理想とされた。



そもそも本抄を極秘の形で大田金吾に伝える必要はあったのだろうか。もっと大っぴらに三大秘法に関して日頃から口を酸っぱくするほど講義すれば良かったのではないか。隠すようなことだろうか。言えば門下達が混乱するから言わなかったのだろうか。それほど門下達の理解が浅かったのだろうか。



大聖人が三大秘法の内容を勿体ぶって言わなかったから、滅後に、弟子達が勝手な発言をしたのだ。「我こそが正しい法門を相承した」「三大秘法の法体はウチにしか継承されていない」等々。

法体が大石寺が主張している『弘安二年の戒壇本尊』ならば、秘すべき程のことだろうか。積極的にアナウンスを行ったとしても全く問題なかろう。むしろ言わなかったことで疑いの方が大きくなる。そう考えると、これが法体とは思えない。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

虚実入り混じった日興門流の教義
・御義口伝
  コアな部分は日蓮大聖人の法華経講義
  そこに余計な加筆が混じっている
・百六箇抄 同じく

極端
・気軽渡辺氏などは偽書だと、一部を取り上げて全てを偽扱いする。
  例)無作三身が書かれていれば、全体を偽書扱いする
・逆に、大石寺系は、全てが本物と言い張る

どちらも違うだろう

真実は、コアの部分は日蓮大聖人の教えが受け継がれて
そこに加筆された部分がある
そう見るべきだ


日興上人は誰よりも師匠の教えを、厳格にに守ろうとした。日興門流はその精神を引き継いでいるはずだ。従って、コアの部分は大聖人の教えが、核心部分が継承されている。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

現代人は、インドの口伝というものを軽視しすぎる傾向にある。

しかし、仏教を学ぶのならば、当時のインド人の思想哲学を本当に理解しようとすれば、もっと口伝を尊重しなければならない。

インドでは古来より、宗教の聖典は口伝によって伝承し、文字として残さないという伝統があったのだ。インド人は聖典を「あえて文字に残さなかった」のである。

インドでは何百年、或いはそれ以上の時間を経て醸成される口伝など普通である。例えば、中国の法顕という僧侶は、5世紀頃にインドに入ったが、仏典を専ら暗唱で伝えていた、と著書で記している。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

大石寺系の主張はこうである。大聖人は釈尊から三大秘法を相伝された。それは経文上には書かれていない。「法体」である三大秘法は、面受口決により教主釈尊から上行・日蓮大聖人へ相伝されたのである。つまり「法体」というものは、経文上で不特定多数の者に相伝するのではなく、仏法の混乱を守るために面受口決により唯授一人へ相承するものなのである。と


法体はあくまでも三大秘法である。法体が戒壇本尊という証拠など何処にもない。大石寺系が勝手に創作しているに過ぎない。様々な資料がそれを証明しているではないか。そして大石寺系は一度もマトモな反証ができていない。

御書から自分達の都合の良い所だけを切り文して利用して、戒壇本尊の正当性をアピールしている。相伝という外部から見ればブラックボックス状態なのを良い事に、中に無理矢理に戒壇本尊を捻じ込んでいる。

一大秘法が戒壇本尊に収斂されるなど日寛師の独自説である。そのような教義は日蓮仏法ではない。日興上人・日目師の時代には全く見られない。記録にも全く無い。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

もしも戒壇本尊が大聖人の御意思と全く関係のない捏造だとしたら?

蓮盛抄にて禅宗を破折されている通りである。禅宗は「禅宗云く「涅槃の時.世尊座に登り拈華して衆に示す迦葉・破顔微笑せり、仏の言く『吾に正法眼蔵.涅槃の妙心・実相無相・微妙の法門有り文字を立てず教外に別伝し摩訶迦葉に付属するのみ』」と」

禅宗は、文字を立てず教外に別伝して摩訶迦葉に付属するのみと主張している。

これと同じ構図である。大石寺系が主張している内容は、戒壇本尊は大聖人の御書に残されず秘して日興上人のみに付属した、ということだ。これが法体そのものだと主張している。

ではこの根拠はどこにあるのだろうか。

相伝だという。

大聖人は厳しく戒めておられる「若し仏の所説に順わざる者有らば当に知るべし是の人は是れ魔の眷属なり」現代に於ける仏説とは御書の事なのは言うまでもない。御書に拠らず勝手に戒壇本尊なるものを創作して、それを法体だと主張する大石寺系はまさに魔の所為ではないだろうか。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ